ぽすくまが超キュートなEV配達車が本格始動!|ミニキャブミーブバン 郵便局仕様車

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日本郵便は2019年11月13日に、今月より順次導入する新デザインの三菱 ミニキャブミーブバンをお披露目した。今年度中に400台、2020年度中に800台の計1200台を全国に配備するという。ちなみに2020年オリンピック開催までに800台の納車予定だ。

配達は電気自動車でも問題なし?

全国を走り回っている郵便局の配達車の日々の走行距離は都市部で20~50km、地方で最大100kmを走行している。三菱 ミニキャブミーブ バンの満充電での走行距離はJC08モードで150kmであるが、導入するにあたって最大の懸念材料は航続距離であったという。そこで日本郵便は2013年と翌14年にもミニキャブミーブバンを49台導入しており、これまで全国で実証実験を重ねていたのだ。その結果、既存のガソリン車と遜色なく業務に使用できるうえ、優れた静粛性などのメリットから本格的な導入を決めたそうだ。ちなみに配備される事業所には普通充電設備を設置するという。

レッド×ぽすくまが超かわいい!

新たに導入されるミニキャブミーブ バンは、日本郵便のコーポレートカラーである赤とイメージキャラクターのぽすくまを組み合わせたデザインを採用。「ぽすくま」に至っては、ボディの前後左右に描き、歴代モデルでもっとも可愛く進化した。

さらに荷室をより使いやすくするために専用スノコを装備し、超フラットな荷室を実現。そのほか、キャビンの暖冷房効率をあげるべく、専用のカーテンを座席後ろに接地するなど、快適性も向上している。実際に使っている職員さんいわく「荷物の載せおろしはスムースで、使いやすい。走りもスムースで走るのが楽しい」とのこと。

【筆者&撮影:MOTA編集部】

三菱/ミニキャブミーブ
三菱 ミニキャブミーブカタログを見る
新車価格:
180.2万円219万円
中古価格:
59.8万円130.9万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

三菱 ミニキャブミーブの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ミニキャブミーブのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ミニキャブミーブの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ミニキャブミーブの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ミニキャブミーブのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる