autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 ランサーエボリューションIX 試乗レポート

試乗レポート 2006/10/6 18:50

三菱 ランサーエボリューションIX 試乗レポート

三菱 ランサーエボリューションIX 試乗レポート

究極のモデルを表わすMR=ミツビシレーシング

三菱がランサーをベースにしたスポーツモデル「エボリューション=通称エボ」をはじめて発表したのは1992年10月のことだった。エンジンは2Lターボ、駆動方式は4WD。その目的は世界ラリー選手権で勝つことだった。三菱といえば、1960年代からサファリラリーやサザンクロスラリーといった過酷なラリーにワークスチームを送りこみ、優秀な成績をあげていたメーカー。そのメーカーが技術の総力を結集してスポーツモデルを開発したのだ。しかもベースが 4ドアセダンというところが、ラリーマニアの心をくすぐった。ランエボは限定生産という形式をとったが、たちまち売り切れるほどのヒット車になった。

ランエボは第一世代(92年からエボIII)、第2世代(96年エボIVらエボVIに大きく分けられる。そして、エボⅨは現行シリーズ最後のモデルになるのだ。最終型は究極のモデルを表わすMR=ミツビシレーシングの名称を与えられての登場になった。

走りの性能にお金をかけた

究極のランエボIXは、エクステリアの変更は最小限にとどめられた。それよりも走りの性能にお金をかけたのだ。それでも注意深くスタイリングをチェックすると、フロントバンパー左右下部のエアダムがわずかに下方に延長されていることに気付く。エアダム左右両側面の凹形状もすべて空気の流れを意識しての変更だ。「MR」のエムブレムはトランクリッドに赤文字で入れられた。

グレードはセダンはGTRとRS、ワゴンはGTとGT-Aになる。セダンRSは競技専用車両として用意されているので、アクセサリー類は省略される。

インテリアはレカロ社製のフロントバケットシートを装着。アルカンターラと本革を組み合わせたシートには赤いステッチが入る。さらにセンターパネルなどにはRSを除き、ピアノブラックの光沢のあるパネルが採用された。

要求されるのは、アクセルに対しての自制心

試乗したのはGSR。エンジンは280ps、40.8kg-mだが、ターボはチタンアルミ合金のタービンを採用し、コンプレッサーホイール入口径を縮小させることで、より素早いレスポンスを可能にしている。ミッションは6速MTだ。クラッチペダルは重く、踏みこんだときの反発力も強い。シフトレバーもやや重めだ。

低めのポジションのレカロシートに身を沈め、スタートする。乗り心地は当然かたい。ハネ気味で走る。高速走行では短かい上下動で常にボディが動く。エンジン音も1000回転あたりからかなりのボリュームだ。

加速は4000回転から上は、それこそ頭の血がうしろに引くような強烈な走りだ。一般のドライバーはこの加速に目がついていかないかもしれない。ハンドリングはクイックでしかも、思いどおりにコーナーを抜けることができる。4WDシステムのスーパーAYCが一般公道上での大抵の動きは制御してくれるのだ。このクルマに乗ったら、要求されるのは、アクセルに対しての自制心だ。

マニアでも後悔しない究極のエボ

実はボクはランエボは3台乗り継いでいる。エボII、III、Vだった。それ以降は、あまりにも電子制御が良くなってしまい、ドライバーのウデを上回る制御をクルマが行なってくれるような気がして、離れてしまったのだ。もちろん、仕事としては歴代のエボには乗ってきた。

そして、ついに究極のランエボが登場した。この次のエボは、ボディもひと回り大きくなり、エンジンもまったく新しいエンジンになる予定なのだ。だから14 年間に培ってきたシャーシとエンジンの技術は、ここで一旦、ストップすることになる。未知数のランエボも興味はあるが、安定感はこのMRだろう。

セダンのほかにワゴンもあるが、こちらにはGT-Aという5速AT車もラインナップしている。

次期ランサーのデビューは早くても1年半後といわれている。マニアなら究極のエボにぜひ乗っておきたい。後悔はしないはずだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 ランサーエボリューション の関連編集記事

三菱 ランサーエボリューションの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 ランサーエボリューション の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR