autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート-マツダ デミオ ユーザー試乗レビュー-

コンシューマレポート 2010/12/28 17:29

日本版コンシューマレポート-マツダ デミオ ユーザー試乗レビュー-(1/6)

日本版コンシューマレポート-マツダ デミオ ユーザー試乗レビュー-

コンパクトカー選びの決め手は、燃費だ。

ということで、勃発しました!コンパクトカー燃費戦争。その実態が、以下のグラフだ。

(注)燃費勝負のカギは、いわゆる「カタログ燃費」。これは現在、国土交通省が定める「10・15モード(読み方/じゅう・じゅうご・もーど)」で評価される。これは市街地走行10パターン、郊外走行15パターンを、実車を使い計測器上でテストした結果値だ。

さらに、2011年4月から「10・15モード」に代わり「JC08モード(読み方/じぇー・しー・ぜろ・はち・もーど)」での表記が義務付けされる。この「JC08モード」は実際の走行状態により近い試験方法だと言われている。そのため、一般的に「JC08モード」の方が「10・15モード」より厳しい値(=小さい数値)になることが多い。

ということで、最近の新型車は、「10・15モード」と「JC08モード」をダブル表記。そして2010年末現在のコンパクトカー燃費戦争は「10・15モード」での数値争いが繰り広げられている。

こうした燃費比較のなかで、自動車業界関係者が最も驚いたのが、「デミオ」だ。ハイブリッドなど「奥の手の電動デバイス」なしで、ハイブリッドと同値を叩き出すというのだ。

まあ、2010年末現在の現行「デミオ」は、23.0km/リッター。上記グラフの燃費値は、2011年後半~2012年前半頃に発売が予想されている、次世代エンジン「SKYACTIV G」搭載車だ。

しかし、「マツダの底力は凄い!」というインパクトが、世界に轟いたのも事実だ。

では、そのマツダが市場投入してから約3年が経った第三世代「デミオ」。そして「30km/リッター」の壁を破ると公言した次期「デミオ」。

ユーザーはいま、「デミオ」をどう思っているのか?その実情をジックリと見てみよう。

・車両価格:

(13C)1,195,000円/(13C-V)1,285,000円/(13S)1,365,000円

(15C)1,335,000円/(スポルト)1,621,750円

・発売日:

2007年7月5日

・メーカー月間販売台数:

(11月)2,324台/(10月)1,925台/(9月)6,101台

・ユーザー試乗募集時期:

2010年10月5日~23日

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ デミオ の関連編集記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連編集記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR