マイチェンで変わったのはペダルの重さ!? マツダ 新型CX-5のマニアック過ぎる一部改良ポイントは実燃費にも効く!

画像ギャラリーはこちら
マツダのクルマは、新型発表後も絶えず地道な改良を重ね続け、常に最新技術を導入する手法がとられている。人気SUV「CX-5」もそのひとつだ。2020年12月に実施された最新の一部改良においても、意外過ぎるパーツが改良されマツダファンの度肝を抜いた。それは「アクセルペダルの改良」だった。

>>スタイリッシュなSUV! マツダ 新型CX-5のリフレッシュされた内外装を写真で見る[画像37枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 常に最新技術を取り入れアップデートを重ねる「マツダ CX-5」
  2. 出力向上とATの変速制御改善により高速域での伸びに変化
  3. 「アクセルペダルの重さ改良」が実用燃費にも影響を与えるほど効果大だった

常に最新技術を取り入れアップデートを重ねる「マツダ CX-5」

根強い人気を誇るSUV「マツダ CX-5」は、2017年2月に登場した現行型で2代目モデルとなる。しかし登場以来4年の間に5回も一部改良を実施するなど、常に最新テクノロジーを取り入れ続けることでフレッシュさを保っている。

2020年12月3日に実施した最新のアップデートでも、ディーゼルエンジンの出力向上、コネクティッドサービスの採用、センターモニターサイズの拡大(8.8インチ→10.25インチワイドモニター化)という、小さくない変更を実施している。

出力向上とATの変速制御改善により高速域での伸びに変化

直列4気筒 2.2リッターディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」は、最高出力を従来型の190ps(140kW)/4500rpmから、200ps(147kW)/4000rpmと10馬力アップ。併せて6速オートマチック(AT)「SKYACTIV-DRIVE」の制御プログラムの改良も加えた。

筆者も新旧モデルを実際に乗り比べたが、主に高速域での伸びがさらに良くなった印象を得た。これがパワーアップの効果か、ATの応答性改善(アクセルをグッと踏み込んで、実際に加速する際の感覚のずれを補正したという)の効果なのか、おそらく両方の相乗効果だと思われるが、いずれにせよ、なかなか他社がやらない類の「地道な改良」が功を奏した。

「アクセルペダルの重さ改良」が実用燃費にも影響を与えるほど効果大だった

地道な改良と言えば、今回の一部改良では、初代CX-5(2012年登場)以来使い続けてきたオルガンタイプのアクセルペダルを、初めて改良したという。なんとマニアックな!

CX-5の主力パワートレインであるディーゼルターボエンジンは、低速からもりもりと出力が上がり、なかなかパワフルだ。しかしそれゆえ発進時にちょっと踏み込んだつもりでもグッと加速してしまい、慌ててアクセルを緩める…というシーンがなくはなかった。

飛び出し感の抑制と共に、無駄踏みの抑制という相乗効果も

そこでマツダでは、このアクセルペダルに注目。ペダルの重さを約20%ほど重くした。言われなければ気付かないほどの変更点だが、旧型に日々乗っているオーナーならその違いをしっかりと実感できるはずだ。なおこれは前出のAT制御プログラムの変更とセットで行われている。

アクセルを無駄踏みせずに済むことから、これは特に街乗りや渋滞路などの実用領域において燃費向上効果も大きいという。地道な改良ではあるが、ユーザーの実利としても還元されるところが嬉しいポイントだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:MOTA編集部]

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円414.2万円
中古価格:
75.8万円398.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる