ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士(1/3)

  • 筆者: 松田 秀士
  • カメラマン:オートックワン編集部
ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士
ロータス エヴォーラS SR ロータス エヴォーラS SR ロータス エヴォーラS SR ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド) 画像ギャラリーはこちら

エリーゼよりもひと回り大きい「エヴォーラ」

ロータス エヴォーラS SR [MTモデル]  (ボディカラー:アスペンホワイト)ロータス エヴォーラS SR [MTモデル]  (ボディカラー:アスペンホワイト)

ロータス『エヴォーラ』は、2009年にデビューしたミッドシップスポーツカー。今となってはいにしえの名車ロータス「エスプリ」の後継車にあたる。といってもエスプリとは時代も違い設計を全く異にする新設計。

よく、「エリーゼ」のシャシーを流用しているといわれるけれども、アルミ材の接着技術など、ロータス独自のテクノロジーは共通だが、ボディサイズはエリーゼよりもひと回り大きい新設計である。これは、オプションで2シーターを用意しつつも、基本は“2+2”として、ホイールベースを延長していることから由来している。

シャシーの構成パーツは、エリーゼと同じようにリベットを使用せず、アルミ材や接着剤を使い航空機と同じ手法でモノコックタブを製作している。サイドシルの厚みは、エリーゼに対して100mmから80mmへと20mm薄くして乗降性を良くしている。実際、エリーゼに乗り込む時よりも労せず、すんなりと乗車できた。

エヴォーラの場合、ルーフは溶接なのでエリーゼに比べるとボディ剛性は高い。さらに2014年モデルは曲げ剛性がそれまでの26,000Nm/degに対して27,000Nm/degへとアップしている。また、エンジンは3.5リッターのトヨタ製V6エンジンが搭載され、吸排気システムやコンピュータープログラムをロータスが開発している。2011年からは、同様のトヨタ製の3.5リッターV6エンジンに、スーパーチャージャーをドッキングした「エヴォーラS」もラインナップされている。

手の込んだ造りに、ラグジュアリーなインテリア

ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)

今回の試乗会は2014年モデルのリリースに合わせて開催されたもの。

ラインナップには、エヴォーラSに加えてオプションをほぼフル装備しながらも、リーズナブルな価格設定の「エヴォーラS SR」が追加設定された。SRとはスポーツレーサーの意だ。試乗車は6速ATのエヴォーラS SR。もちろん他に6速MT仕様もラインナップされる。

コクピットに座ると、エリーゼのそれと同じように、レーシングマシンのごとく非常に低い位置に腰が納まる。

エリーゼとの違いは、インテリアがとてもラグジュアリーなこと。ダッシュパネルからセンターコンソール、ルーフも含めて、造りそして仕上げに手が込んでいる。英国のクラフトマンシップ、エリーゼにはない高品質なインテリアが広がる。また、赤のステッチが入ったブラックレザーのスポーツシートは、デザインも上品だが身体のホールディングも素晴らしい。

ただし、身長163㎝のボクの場合、シートスライドを一番前にセットしても少し遠い。ただ、試乗車はAT仕様だったのでクラッチペダルがなく、MT仕様に比べればドライブしやすかった。

[次ページへ続く]

ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)
ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)
1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
松田 秀士
筆者松田 秀士

1954年高知県生まれ。僧侶の資格を持ち、サラリーマン、芸能人の付き人を経て、28歳でレースデビュー。92年には、デイトナ24時間&ル・マン24時間レースに出場。94年、インディ500マイルレースに日本人2人目のドライバーとして初参戦。2年目の95年には完走を果たし、翌年、当時日本人最高位完走という成績を残した。同じ頃から東京中日スポーツ新聞等で自動車評論活動を開始。現在も執筆活動の傍ら、レーシングドライバーとしても活躍中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ロータス エヴォーラの最新自動車ニュース/記事

ロータスのカタログ情報 ロータス エヴォーラのカタログ情報 ロータスの中古車検索 ロータス エヴォーラの中古車検索 ロータスの記事一覧 ロータス エヴォーラの記事一覧 ロータスのニュース一覧 ロータス エヴォーラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる