autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士

試乗レポート 2014/2/17 19:49

ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士(1/3)

関連: ロータス エヴォーラ Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ロータス エヴォーラS SR 試乗レポート/松田秀士

エリーゼよりもひと回り大きい「エヴォーラ」

ロータス エヴォーラS SR [MTモデル]  (ボディカラー:アスペンホワイト)ロータス エヴォーラS SR [MTモデル]  (ボディカラー:アスペンホワイト)

ロータス『エヴォーラ』は、2009年にデビューしたミッドシップスポーツカー。今となってはいにしえの名車ロータス「エスプリ」の後継車にあたる。といってもエスプリとは時代も違い設計を全く異にする新設計。

よく、「エリーゼ」のシャシーを流用しているといわれるけれども、アルミ材の接着技術など、ロータス独自のテクノロジーは共通だが、ボディサイズはエリーゼよりもひと回り大きい新設計である。これは、オプションで2シーターを用意しつつも、基本は“2+2”として、ホイールベースを延長していることから由来している。

シャシーの構成パーツは、エリーゼと同じようにリベットを使用せず、アルミ材や接着剤を使い航空機と同じ手法でモノコックタブを製作している。サイドシルの厚みは、エリーゼに対して100mmから80mmへと20mm薄くして乗降性を良くしている。実際、エリーゼに乗り込む時よりも労せず、すんなりと乗車できた。

エヴォーラの場合、ルーフは溶接なのでエリーゼに比べるとボディ剛性は高い。さらに2014年モデルは曲げ剛性がそれまでの26,000Nm/degに対して27,000Nm/degへとアップしている。また、エンジンは3.5リッターのトヨタ製V6エンジンが搭載され、吸排気システムやコンピュータープログラムをロータスが開発している。2011年からは、同様のトヨタ製の3.5リッターV6エンジンに、スーパーチャージャーをドッキングした「エヴォーラS」もラインナップされている。

手の込んだ造りに、ラグジュアリーなインテリア

ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)

今回の試乗会は2014年モデルのリリースに合わせて開催されたもの。

ラインナップには、エヴォーラSに加えてオプションをほぼフル装備しながらも、リーズナブルな価格設定の「エヴォーラS SR」が追加設定された。SRとはスポーツレーサーの意だ。試乗車は6速ATのエヴォーラS SR。もちろん他に6速MT仕様もラインナップされる。

コクピットに座ると、エリーゼのそれと同じように、レーシングマシンのごとく非常に低い位置に腰が納まる。

エリーゼとの違いは、インテリアがとてもラグジュアリーなこと。ダッシュパネルからセンターコンソール、ルーフも含めて、造りそして仕上げに手が込んでいる。英国のクラフトマンシップ、エリーゼにはない高品質なインテリアが広がる。また、赤のステッチが入ったブラックレザーのスポーツシートは、デザインも上品だが身体のホールディングも素晴らしい。

ただし、身長163㎝のボクの場合、シートスライドを一番前にセットしても少し遠い。ただ、試乗車はAT仕様だったのでクラッチペダルがなく、MT仕様に比べればドライブしやすかった。

[次ページへ続く]

ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)ロータス エヴォーラS SR  (ボディカラー:アーデントレッド)
ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)ロータス エヴォーラS SR  インテリア(レザーカラー:エボニーブラック+レッドステッチ&パイピング)

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ロータス エヴォーラ の関連編集記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連編集記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR