最近流行りのSUVじゃ満足できない貴方へ! MOTAオススメ奇抜すぎるSUV5選

画像ギャラリーはこちら
世界には二度見しちゃうほどカッコいいクルマもあれば、「んん? なにコレ!?」と奇抜な見た目のクルマもたくさん存在します。今回はその中からデザインが奇抜すぎたSUVをご紹介していきたいと思います。

各メーカーの主力が競う程、人気がうなぎ登りのSUV

今や日本国内のみならず、世界中で大人気の「SUV」。国内ではミニバンに続く販売台数を記録し、世界市場を見ても非常に好調。もはや短期的なブームという言葉で済ますことはできない、大きなカテゴリーとして成長しています。

今回はそんなSUVのの中から一風変わった少し奇抜なクルマたちをご紹介したいと思います。

〇〇が奇抜なSUVたち

いすゞ ビークロス

1997年にデビューしたいすゞ ビークロスは93年の東京モーターショーに出品したヴィークロスの市販版です。

コンセプトカーとほぼ同じ姿で登場し、当時はかなり話題となりました。

ボディカラーは当初5色のみでしたたが、後に25色をラインナップ。受注生産のような形で造り上げられ、ほとんどが手作業で塗装していたといいます。

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

いすゞ/ビークロス
いすゞ ビークロスカタログを見る
新車価格:
324.5万円324.5万円
中古価格:
70万円72万円

テスラ モデルX

ただのSUVじゃ満足できないあなたはモデルXがオススメ!

これまでのSUVとはかなり違った特殊なデザインのモデルXは、全長5004×全幅2038×全高1626mmとかなり大柄ボディの持ち主です。

モデルXの最大の特徴は、何と言っても「ファルコンウィングドア」と呼ばれるガルウィングドア。ファルコンウィングドアはその見た目から左右にかなりのスペースが必要かと感じてしまいますが、実際には両サイドに隙間が30cmもあれば開閉可能なので、狭い駐車スペースでも利用することができます!

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

DS3 クロスバック

DS3 クロスバックは、DS7 クロスバックに続き新生DSシリーズ第二弾となったモデルです。

価格も299万円〜と手を出しやすい価格設定がされており、個性的な車を所有したい方にとってはうってつけのモデルとなっています。

インテリアも特徴的で、目の前のメーターもひし形を基調としたデザインで、シート座面・背もたれにも斜めステッチを入れ、ひし形のデザインイメージを徹底的に統一しています。

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

DSオートモビル/DS3クロスバック
DSオートモビル DS3クロスバックカタログを見る
新車価格:
363.6万円416万円
中古価格:
286.4万円384.8万円

ダイハツ タフト

ダイハツから軽SUVの「タフト」がデビューしました。

スズキの大人気軽SUV「ハスラー」に対抗したモデルですが、どうも顔が気になるというおじさんたちの声が。どうやらこの顔が「昭和のロボット〇〇先生」に見えてくるらしい・・・?

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円194万円

ホンダ エレメント

今でこそ日本は人気のジャンルとなっているSUVですがが、当時はいまほどの人気もなかったことで売れ行きも伸びず、2003年4月から2005年7月までと約2年の短い販売期間に終わったSUVがあります。それが「ホンダ エレメント」です。

ビーチにあるライフガード・ステーション(ライブセイバーの監視台)がモチーフとなっており、マツダ RX-8やトヨタ FJクルーザーのようにセンターピラーレス構造の両側観音開きドアを採用していることが特徴です。

そんなエレメント、近年キャンパー達に注目されているそう…。

▼詳しく読みたい方は下記の記事をチェック▼

ホンダ/エレメント
ホンダ エレメントカタログを見る
新車価格:
284.9万円284.9万円
中古価格:
53.8万円248.8万円

▼「大人気のSUVが400万円台で買える!? MOTAオススメSUV5選」もチェックしてみてくださいね!

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

いすゞ ビークロスの最新自動車ニュース/記事

いすゞのカタログ情報 いすゞ ビークロスのカタログ情報 いすゞの中古車検索 いすゞ ビークロスの中古車検索 いすゞの記事一覧 いすゞ ビークロスの記事一覧 いすゞのニュース一覧 いすゞ ビークロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる