新しいのに懐かしい!? 新型ヴェゼルは往年のホンダ車をオマージュしたデザインだった!

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
文句なしにカッコよくなったホンダ 新型ヴェゼル。発売は2021年4月を予定しているがデザイン発表とともに大注目を集めている。完全な新型モデルなのだが、どこか懐かしさを覚えるという声も多数聞こえてくるのが、その理由は一体何か? 真相をデザイナーに直撃! すると衝撃的な答えが返ってきた。
目次[開く][閉じる]
  1. 新しいのに懐かしさを感じるワケとは
  2. やっぱり! 昔のホンダ車をオマージュしていた
  3. バカ売れ必須! ホンダのデザイン力はやっぱりスゴかった

新しいのに懐かしさを感じるワケとは

ホンダ 新型ヴェゼルは2021年4月にも発売する予定で、それに先立って2021年2月18日にデザインやグレード構成といった大まかな内容が発表されたのはご存知の通り。先代モデル同様に1.5リッターガソリンと1.5リッターエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドという2本立てというのは変更はない。

だが、大きく変わったのはデザインである。先代モデルはベースとなった3代目フィットと似た鋭い目つきの持ち主であったが、新型ヴェゼルは高級志向へとシフトした。

クーペ風ボディというのは変わらないが、新型はさらにクーペ部分を磨き、まるでステーションワゴンかのようなSUVらしくないデザインとなっている。加えて、新型車でありながらどこかホンダらしさ、そして懐かしさも感じるのだ。その真相とは一体なにか?

>>新型ヴェゼルはもはやステーションワゴン! その全貌はコチラ

やっぱり! 昔のホンダ車をオマージュしていた

記事を執筆するにあたりエクステリアデザインを手がけた阿子島 大輔氏を直撃すると「今回の新型ヴェゼルは、ひと目みてホンダ車とわかるように歴代ホンダ車のエッセンスを随所に落とし込んでいる」という。なるほど、筆者が感じ取った懐かしさはあながち間違いではないようだ。

フィットや新型オデッセイなどと共通するデザインテーマを導入

実際に落とし込んだエッセンスを詳しく聞いてみると、先代同様に新型ヴェゼルも基本コンポーネンツを、現行型フィットと共有している部分がある。そのためフィット同様にクリーンなイメージを訴求すべく、派手さのないフロントフェイスにしているのだ。

加えて、2020年11月にマイナーチェンジを受けたオデッセイと同様に6角形グリル、そしてグリルと連続したヘッドライトなど、今のホンダデザインを取り入れているという。

名車を復刻! 懐かしのデザインを注入

ここまでは今のホンダデザインであるが、懐かしさを感じる要素はリアに隠されていた。新型ヴェゼルも先代モデル同様にクーペ風のデザインだが、今回はよりクーペに近づけているのだ。そこで参考にしたのがアコードワゴンの歴代モデルや5代目シビックだという。

ご覧の通り、今一度アコードワゴンのデザインを見てみると、かなり似ている部分がある。傾斜したテールまわりを持つクーペルックでありながら、荷室空間も十分に確保したのはお見事である。

>>たしかに似ている! アコードワゴンと新型ヴェゼルを写真で見比べ

バカ売れ必須! ホンダのデザイン力はやっぱりスゴかった

まったくの新型車に歴代モデルのエッセンスを落とし込むという動きは世界的にトレンドとなりつつある。だが、その中には言い方は悪いが、どこかわざとらしい部分があり、全体としてまとまりが悪くなってしまう傾向がある。そんななか新型ヴェゼルは新しさと懐かしさを違和感なく融合したというのは、さすが! といったところだ。

未だ価格など気になるポイントは不明ながら、このデザインならば再びSUV販売台数1位に輝くのではないだろうか。今から4月の発売が楽しみである。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
211.3万円361.8万円
中古価格:
108万円2,448万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる