ホンダ N-VANがアメリカンなキャンピングカーに大変身!? 本物感を演出するためのこだわりがハンパなかった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:島村 栄二
画像ギャラリーはこちら
コロナ禍の影響でリアルイベントの開催が見送られることとなった東京オートサロン2021。そのためオンラインで発表されたものの、やはり実車を見たい! ということでホンダが出展する予定だったN-VANベースとしたカスタムカーの取材を敢行。今すぐ欲しい! と思える仕上がりなのはもちろん、アイディア満載の一台であったのだ。
目次[開く][閉じる]
  1. カフェに! 車中泊に。贅沢すぎるカスタム
  2. くたびれ感&本物のエアストリームを再現する気合いがハンパなかった
  3. N-VANの特性生かしまくり! 超便利な車内を作るにはかなりの苦労が………

カフェに! 車中泊に。贅沢すぎるカスタム

東京オートサロン2021にホンダが出展予定であったモデルの中にN-VANをベースにしたクルマがある。その名も「N-VANカスタム 3rd Place VAN」だ。

このクルマのコンセプトはN-VANの室内空間を生かして、平日は移動式のカフェに、休日は車中泊もできるというモノで仕事と趣味をシームレスに繋げる空間である。これだけ聞いてもワクワクする内容なのだが、実際に見ても唸ってしまうほどのデキなのだった。

くたびれ感&本物のエアストリームを再現する気合いがハンパなかった

車内に触れる前にエクステリアから見ていこう。

今回デザインを手がけたのはオートモービルセンター デザイン室プロダクトデザインスタジオでデザイナーを勤める佐藤 友哉氏と荒木 紀充氏の2名だ。

この二人にN-VANカスタム 3rd Place VANのこだわりポイントを直撃したのだが、驚くのがお二人とも超がつくほど若いということ。聞けば荒木氏は入社2年目で、今回初めてクルマ全体のデザインを任されたのだという。

全てのやすりでテストする本気っぷり

まずはこのクルマらしくない見た目だ。デザインを担当した2名に聞くと「イメージはエアストリーム。新品のエアストリームはほぼ鏡のピカピカボディなのだが、あえて今回は使用感を出し、日常の道具として気兼ねなく使える仕上がりを目指した」といいう。表現は悪いが、確かに使用感があり、すこしくたびれた印象だ。

じつはこの“くたびれ感”を表現するのにかなりの苦労をしたという。

聞けば、このクルマは全身ラッピングを施しており、元々のボディカラーはイエロー。その上にミラーシートのようなラッピングステッカーを貼り付けているのだ。

そのままだと、新品のエアストリームのように鏡っぽい仕上がりになってしまう。そこで考えうる全てのやすりを試し、行き着いたのが1500番の決めの細かいやすりであったという。フロント、リア、さらにはサイド、もっといえば天井と全身にやすりをかけ、この使用感を表現しているのだ。

本物へのこだわりがスゴい! リベットはまさかのシールだった

加えて、注目はボディ全体に打たれたリベットだ。これを全身に打つことでホンモノのエアストリーム感を演出しているのだがラッピングという性質上、ほんとうにビスを打つワケにはいかない。

そこで立体シールなる、小学生の女の子がシール帳でコレクションするような、空気の入ったシールを全身に貼り付けているのだ。その数で全部で800〜1000個というから驚く。この使用感満載の仕上がりはやすりとリベットあってこそで、デザインを担当した二人に脱帽してしまう。

N-VANの特性生かしまくり! 超便利な車内を作るにはかなりの苦労が………

この手のクルマの場合、もっとも気になるのが車内だ。

商用1BOX「アクティバン」の次世代モデルとしてデビューしたN-VANは、その性格上シートアレンジはかなり豊富である。例えば助手席の前後シートを完全フルフラットにする、または全席をフルフラットにするといったアレンジが手軽にできるのだ。その特性を生かして平日はカフェに、そして休日は車中泊仕様と贅沢なカスタムが可能となったのだ。

パーツは全てホームセンターで調達! 気軽に真似できるのも嬉しい

注目したいのは車内全域を囲ったデスクだ。先の2名に聞くと全てホームセンターで購入できるパーツで作り上げており、全部で2万円程度で収まるというから驚く。

一見簡単に設計できそうなものだが、じつはこの机を作るのにもかなりの苦労があったとか。N-VANはご存知の通り軽自動車のため車内スペースは、いくら商用モデルといってもかなり限られる。そこにカフェ用の長いデスク、さらにはラゲッジルームに設置した小さな机とかなり緻密な計算が必要となったのだ。

もっといえば、この完璧なまでの車内空間を作るに当たってもうひとつのコンセプトが存在する。それは「片付けと設置が簡単であること。そして誰もが再現しやすい」という大きな目標があったのだ。だからこそホームセンターで購入できるパーツを使用しているワケだが、もっとも難しいのが設置と片付けの簡単さだ。

どんなクルマにもラゲッジにはタイヤハウスが存在する。加えて、軽自動車のN-VANであるゆえに、そのスペースはさらに狭まってしまう。そこで全ての机を折り畳み式とすることで、横幅のあまりないN-VANのラゲッジルームに全ての机パーツを収納することに成功している。

かなりこだわりと緻密な設計をされているN-VANカスタム 3rd Place VANだが、この机を簡単に作れる方法をホームページで公開しているのだ。先述の佐藤氏、荒木氏が設計した車内のデスクの設計図を無料で公開しているので、すこしでも気になった方はダウンロードして実際に作ってみるのもアリだ。

今回はカフェに、そして車中泊仕様にカスタムされていたが、N-VANのすごいのはバイクや自転車を積むトランポ、さらにはビジネスとさまざまなシーンで活躍してくれること。今回はあくまで一例で、自分好みのN-VANにカスタマイズしてみて欲しい。こんな軽自動車はN-VANしかない!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
127.6万円187.2万円
中古価格:
85万円335.9万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ N-VANの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-VANのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-VANの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-VANの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-VANのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる