ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBO] 試乗レポート/岡本幸一郎(1/2)

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBO] 試乗レポート/岡本幸一郎
ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎 ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎 ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎 ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎 画像ギャラリーはこちら

ジェイドの本命が登場!?

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎

従来の低全高のオデッセイとストリームを統合した後継モデル的な位置づけである『ジェイド』には、やはりオデッセイなら「アブソルート」、ストリームなら「RSZ」のような雰囲気を求める人が多い模様。であればジェイドの本命はむしろこちらではないか?という気がしてくる…。

ひとあし先にハイブリッドのみ発売されていたジェイドに加わった「RS」は、単にパワートレインを直噴ターボエンジン+CVTに替えただけでなく、あえて「RS」と命名されたくらいで、スポーティなキャラクターが与えられているところもポイントだ。

なにせホンダの中でも、「RS」といえば「タイプR」の手前に位置するスポーティグレード。執筆時点において日本で販売されるホンダ車で「RS」の名が与えられているのは、フィットぐらいのもので、そこに新たに加わることになる。

ところで、これほど短期間でジェイドに追加モデルをラインアップするなら、ハイブリッドと同時発売でもよかった気もするところだが、そこには直噴ターボ初搭載車をステップワゴンにしたいというホンダ内の大人の事情があったようだ。

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎

直噴ターボ+CVTの印象は上々

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎

まずは気になる1.5リッターVTECターボのエンジンフィールからお伝えすると、期待どおり上々であった。同じパワートレインを積むステップワゴンでも、低速域の太いトルク感や、スムーズな加速フィールに、小排気量の直噴ターボエンジンとCVTという組み合わせの相性は悪くないものだと、よい印象を持ったばかりだった。

ただし、ジェイドRSに搭載するにあたって、「RS」としてのキャラクターに相応しく特性の最適化を図るべく、吸排気レイアウトにも手を加えている。

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎

車両重量の大きいステップワゴンでは、街中の使い勝手を重視して、低速でのトルクを重視した設定とされていた。そして今回のジェイドRSでは、全領域でリニアに加速Gが持続するよう、スポーティな味付けとしている。

印象としては、けっこう速い。実際、当時もなかなか速いと感じていた4代目オデッセイのアブソルートよりも加速データでは上回るらしい。

またCVTも踏み込んだときにエンジン回転だけ先に上がってしまう感覚も小さく、あまりCVTっぽくない、トルコンATのようなフィーリングであることも好印象だった。パドルシフトを操ってのシフトチェンジも瞬時にこなす。訊いたところでは、この新しいCVT自体も競合他車に比べて圧倒的に高い伝達効率を達成しているそうだ。

ホンダ ジェイド RS[1.5リッター VTEC-TURBOエンジン搭載モデル/ボディカラー:ホワイトオーキッド・パール/インテリアカラー:ブラウン・本革シート(オプション)]試乗レポート/岡本幸一郎

一方、ハイブリッドのジェイドについて述べると、フィット等と同じシステムを搭載するが、せっかく一連の車種の最新モデルでは制御がずいぶん洗練されたと感じていたところ、200kgほど車両重量が増加したジェイドでは、その重さが影響してか後発ながらスムーズさがスポイルされたように感じていた。燃費はよいが、動力性能自体にもやや不満を覚えたのは事実である。

その点、このジェイドRSなら加速性能に不満を感じることはなく、パンチの効いた痛快な走りを楽しむことができる。直噴ターボということで気がかりな騒々しさもなく、車外も車内も十分に静かなところもよい。

燃費だって、それはやはりハイブリッドには及ばないが、JC08モードで18.0km/Lというなら十分だろう。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ ジェイドの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ジェイドのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ジェイドの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ジェイドの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ジェイドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる