ホンダ インサイト エクスクルーシブ 試乗レポート/清水草一(1/3)

  • 筆者: 清水 草一
  • カメラマン:オートックワン編集部
ホンダ インサイト エクスクルーシブ 試乗レポート/清水草一
「HONDA INSIGHT EXCLUSIVE(ホンダ インサイト エクスクルーシブ)」エクステリア 「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」フロント 「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」サイドビュー 「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」リア 画像ギャラリーはこちら

プリウスやフィット ハイブリッドが持っていない独自の魅力を研ぎ澄ませる

「HONDA INSIGHT EXCLUSIVE(ホンダ インサイト エクスクルーシブ)」エクステリア
「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」リアビュー「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」インパネ周り

ホンダ インサイト エクスクルーシブ 画像ギャラリー←ホンダ インサイト エクスクルーシブ 画像チェックはコチラ

ホンダのハイブリッドカー・インサイトは、すでに旬の終わったクルマ――と言ってもいい状態だった。当初はプリウスの対抗馬、189万円で買えるハイブリッドカーとして華々しく登場し、販売も好調だったが、フィット・ハイブリッドの登場により急降下。現在は月に1200台程度の販売に落ち込み、見る影もなくなっている。

簡易型ハイブリッドのインサイトが、燃費でプリウスにかなわないのはともかく、その他にも室内スペースの狭さやインテリアの安っぽさ、乗り心地の悪さという問題点があった。それで189万円からという価格は割高でもあった。フィット・ハイブリッドはそれらの問題点をすべて解決していたのだから、主役がそっちに移るのは当然だったと言えますね。

ただ一点、デザインに関しては、インサイトは非常に光るものを持っていて、捨てるには惜しい存在だった。空力を突き詰めたワンモーションフォルムは、プリウスの相似形ながらプリウスよりシンプルで完成度が高く、一見、スポーツカーのように見える。このカッコよさは、居住性を犠牲にした全高の低さのおかげもあるが、しかしクルマにとって「カッコよさ」は永遠のテーマ! インサイトはカッコいいのだから、それを生かす方向性があればいいのになぁ、とは思っていた。

マイナーチェンジの狙い、それは「プレミアム感」の向上

「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」フロント周り
「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」リア周り「ホンダ インサイト エクスクルーシブ XL インターナビセレクト」専用16インチアルミホイール+185/55R16 83Vタイヤ

さすがというか当然と言うか、ホンダも同じことを考えていたようで、まさにドンピシャでその方向性でマイナーチェンジを打ってきたのですよ!

今回のインサイトのマイチェンの狙いは、ズバリ「プレミアム感」だ。内外をフェイスリフトして上質感を高め、同時に1.5リッターのハイブリッドシステムを搭載した「エクスクルーシブ」を導入した。

このエクスクルーシブが、妙にというか非常にカッコいい。フロントバンパーの一部が渋いクロームメッキになり、アウディやフォルクスワーゲンの上級車みたいな雰囲気に。グリルのLEDもプレミアム感満点だ。サイドにもクロームのラインが入って、エリートっぽさを高めている。「俺はプリウスとは違う!」「こだわりのハイブリッドカーだぜ!」と主張しているかのようだ。

従来の1.3リッター・ハイブリッドモデルも、微妙にゴージャスになっているが、エクスクルーシブを見てしまうと、「インサイトの生き残る道はこっちだろ!」って感じである。

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ インサイトの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インサイトのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インサイトの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インサイトの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インサイトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる