NSX、インテグラに続く“タイプR兄弟”の末っ子!6代目 ホンダ シビック【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
1995年に登場した6代目となるホンダ シビックは、「ミラクルシビック」のキャッチコピーとともにデビュー。3ドアハッチバックと4ドアセダンをラインナップし、3ステージVTECエンジンやCVTのホンダ・マルチ・マチック(HMM)など、新技術を搭載。さらに、シビックのスポーツバージョン タイプRが初めて設定された。

ハイパワー低燃費の3ステージVTECを搭載したミラクルシビック

6代目となったホンダ シビックは、伸びやかなショルダーラインとシャープなヘッドライトを装備することで、スマートでスポーティーな印象へイメージチェンジ。また、全長とホイールベースを延長し、全高を上げることで室内空間を拡大。後席の居住性も改善された。

搭載されるエンジンは、いずれも直列4気筒で、1.3L、1.5L、1.6Lの排気量を用意。中でも、1.5L VTECエンジンは従来のVTECとVTEC-Eを掛け合わせ、低燃費高出力を実現した3ステージVTECで、130馬力というパワーを実現しながらも、カタログ燃費20.0km/Lを達成。トランスミッションには5速MTと4速ATが用意され、グレードによってCVTを搭載するグレードもラインナップしていた。

初代 シビック タイプRの誕生

1997年には、シビック史上初となるシビックタイプRがデビューする。シビック タイプRは、レッドエンブレムが装着されるタイプRシリーズで、NSX、インテグラに次ぐ3番目のモデルとして登場。

ボディは軽量化され、エアロパーツやバケットシートを装備、専用色のチャンピオンシップホワイトなどタイプR専用の装備が奢られている。

エンジンは直列4気筒 1.6L VTEC B16B型で最高出力185馬力/8200rpm、最大トルク16.3kgm/7500rpmを発生。トランスミッションは5速MTのみ。

ホンダ シビックがフルモデルチェンジした2000年以降もタイプRは生産され続け、2001年までの約4年間にわたり販売されていた。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,180mm×1,695mm×1,375mm

■エンジン

・直列4気筒 1.3L SOHC D13B型

・直列4気筒 1.5L SOHC D15B型

・直列4気筒 1.5L SOHC VTEC(3-stage)D15B型

・直列4気筒 1.6L DOHC VTEC B16A型

・直列4気筒 1.6L DOHC VTEC B16B型

■トランスミッション:4速AT/5速MT/CVT

■駆動方式:FF

■販売期間:1995年~2000年(タイプRは2001年まで)

■価格:116万8000円~199万8000円(1997年式)

▼これまでご紹介した名車はコチラ!▼

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ホンダ/シビックタイプR
ホンダ シビックタイプRカタログを見る
新車価格:
458.4万円458.4万円
中古価格:
89.8万円813.7万円
ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
294.8万円294.8万円
中古価格:
27万円367.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックタイプRの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックタイプRのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックタイプRの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックタイプRの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックタイプRのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる