autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型シビックタイプRは”ホンモノ”のスポーツモデルだった! 2ページ目

試乗レポート 2018/1/5 06:30

ホンダ 新型シビックタイプRは”ホンモノ”のスポーツモデルだった!(2/2)

ホンダ シビックタイプR
ホンダ 新型 シビックタイプRホンダ シビックタイプRホンダ シビックタイプRホンダ シビックタイプR画像ギャラリーはこちら

タイプRを買ったら絶対に一度はサーキットを走るべし!

楽しい!と調子に乗って攻めていると、タイヤも減りますワな。初級程度のテクニックなら減りも無視していいレベルながら、上達すればドンドン減る。サーキットを走るなら、減っても良いようなタイヤを用意しておくといい。大径の20インチ(245/30ZR20!)標準タイヤは超高価。サーキット走行用のタイヤより減りやすいし。

実際に走った感じは、既に公開中の動画の方が解りやすいと思う。百聞は一見にしかずというヤツです。言葉でサーキットインプレッションを書いたって伝わらない!?

とにかくエンジンもマニュアルトランスミッション(2速へのシフトダウンのみ少し慣れが必要)も、ステキである。

新型シビックタイプRを買ったら、一度はサーキットを走って欲しい。

一般道でも楽しく、しかも上質なのは”ホンモノ”の証し

ホンダ シビックタイプR

続いて一般道でも新型シビックタイプRを試してみる。

サーキットを走って楽しいクルマといえば、アシが固くて乗り心地が悪そうなイメージを持つことだろう。されど新型シビックタイプRに関して言えば、全く問題無し。乗り心地の悪さを覚悟すると、むしろ柔らかくて驚くと思う。この味、ドイツ車などと同じく「ホンモノ」の奥行きを持つ。良質なダンパーがもたらす乗り心地の上質感と言い換えてもよかろう。

スキーでもゴルフクラブでも自転車でも、高価で優れた性能を持つ「道具」は、基本的にしなやかさと剛性感と適度のダンピング性能を持つ。クルマも同じ。新型シビックタイプRに乗ると、誰でも運転が上手になったと感じることだろう。

嬉しいことにアイドリングストップや、ヒルスタートアシスト機能が標準で付く。坂道発進はサイドブレーキを使わなくてOK。クラッチミートに失敗してエンストしたって、クラッチ踏むだけでエンジン掛かる。マニュアル車の弱点をカバーしているので、慣れない人でもストレスなく運転を楽しめると思う。

[レポート:国沢 光宏/Photo:茂呂 幸正]

【国沢吠える】ホンダ 新型シビックタイプR サーキット全開走行動画

ホンダ 新型シビックタイプRの主要スペック

ホンダ シビックタイプRの主要スペック
車種名ホンダ シビック
グレードTYPE R
駆動方式FF
トランスミッション6MT
価格(税込)4,500,360円
JC08モード燃費12.8km/L
全長4,560mm
全幅(車幅)1,875mm
全高(車高)1,435mm
ホイールベース2,700mm
乗車定員4人
車両重量(車重)1,390kg
エンジン水冷直列4気筒横置
排気量1,995cc
エンジン最高出力235kW(320PS)/6,500rpm
エンジン最大トルク400N・m(40.8kgf・m)/2,500~4,500rpm
燃料無鉛プレミアムガソリン
筆者: 国沢 光宏

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ シビックタイプR の関連編集記事

ホンダ シビックタイプRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シビックタイプR の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR