ホンダの本気が見えた!新型シビックタイプRは初代インテグラタイプRを超えた!史上最高のハンドリング(1/2)

久々に登場した本格的なスポーツモデル!

いやいや驚きました!

ホンダ 新型シビックタイプR、栃木の短いテストコースで味見した時もポテンシャルの高さに感心し「スゴイかもしれない」だったけれど、鷹栖のテストコースで本腰入れてハンドル握ったら「素晴らしい!」へグレードアップした。久々に登場した本格的なスポーツモデルである。以下、ジックリ紹介したい。

関連記事:ホンダ 新型シビックタイプR プロトタイプ速攻試乗レポート|先代とは全く別物、これぞ“楽しいクルマ”だ!

アクセルレスポンスが大幅に向上し、トルク特性もよくなった

まず高速周回路に入り、基本特性のチェックを行う。先代タイプRと全く違うのがエンジン特性。スペックだけ見たら10馬力アップの320馬力である。

しかし!3速2000回転からアクセル全開チェックすると、ターボエンジンの弱点として知られるアクセルレスポンスが大幅に向上。その上、トルク特性もよくなった。

デキの悪い高性能ターボだと、ターボが効いた瞬間にドッカンとトルクが出る。先代タイプRなんか典型で、コーナリングの立ち上がりなどハンドルをしっかり握ってなければドチラに行くか判らないほど。新型はレスポンスがよくなると同時に、立ち上がりも滑らか。

トルクバンドだって広い。カタログでは2500~4500回転の間で400Nmを発生(ターボ無しだと4000ccくらいのトルク)。そのまま6500回転までパワーダウンすることなく回り続ける!4000~7000回転をキープしていればフルにエンジンのポテンシャルを引き出せるという寸法。

国沢光宏も唸った、新型シビックタイプRをフォトギャラリーでチェック[画像104枚]

さっすが本物ザックス!滑らか&よ~く動く

続いてヨーロッパのワインディングロードを模したコースへ。

2速コーナー中心で荒れた路面のAコースと、3速コーナーが多く、その気になれば120km/h以上出るような(制限速度厳守)Bコースを両方試す。

Aコースはコーナリング中にフルボトムするようなアンジュレーション付き。

ラリーの如く走ってみたら、サスペンション滑らか&よ~く動くこと!キッチリ減衰を出しているダンパーながら、さっすが本物ザックス。しかもザックスの1軍(舐められると2軍とか3軍しか出てこない)の作品だと思う。暴れてもフルボトムしてもバランス崩れない。良いダンパーのお手本です!

また、ニュルブルクリンクのタイムを狙ったクルマだと思えないほど、アンダーステアも少ない。いわゆる「ニュルブルクリンク仕様」は高速域のスタビリティを重視するため、低速コーナーで曲がりにくくなると言う「副作用」出てしまう。同時に乗ってて面白くないクルマになりがち。

新型タイプRは「アジャイルハンドリング」という横滑り防止装置の機能を使ってアンダーステアをコントロールしているのだけれど、どんなコーナーでも自然なセッティングになっている。ハンドル切ると面白いように曲がって行く。結果、ラリー競技にも使えそうな“奥行き”が出てきた。

ホンダ/シビックタイプR
ホンダ シビックタイプRカタログを見る
新車価格:
475.2万円550万円
中古価格:
99.8万円820万円
ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
294.8万円294.8万円
中古価格:
29万円344万円
ホンダ/シビックセダン
ホンダ シビックセダンカタログを見る
新車価格:
276.1万円276.1万円
中古価格:
16.6万円321.1万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ シビックタイプRの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックタイプRのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックタイプRの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックタイプRの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックタイプRのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる