新型シビックのライバルはSUVのヴェゼルやハリアー!? ジャンルにこだわらない若いユーザーの決め手はシンプルに「カッコよいか否か」だった

画像ギャラリーはこちら
ホンダから11代目「シビック」が登場した。1.5リッターターボエンジンが搭載された5ドアハッチバックモデルである。価格は319万円から353万9800円(消費税込)。今後ハイブリッドや、スポーツ版「タイプR」も追加の予定だ。

1972年の初代モデル登場から2022年で50周年を迎えるシビック。歴代モデルでは様々なモデルと対抗し成長を遂げてきたが、新型のライバル車とはどのクルマなのだろうか。ハッチバック車ならVW ゴルフなどが挙げられるが、実際にはSUVなど多彩なモデルがライバルになり得るのだった。

目次[開く][閉じる]
  1. 「シビック」の名を聞いて思うイメージは世代によりさまざまだ
  2. 先代シビックも2割以上が20代! 実際の購入ユーザー層は意外と若く、MT比率も3割を占める
  3. オジサン世代が勝手に思う“シビック”像からは大幅に進化を遂げていた新型シビック

「シビック」の名を聞いて思うイメージは世代によりさまざまだ

ホンダの四輪車ブランドを世界に広めた立役者「シビック」

1972年に初代モデルが登場したホンダのコンパクトハッチバック車「シビック」は、“市民”を意味する車名通り、大衆に愛されるブランドとして、日本のみならず世界で大ヒット。ホンダが四輪車市場で躍進を遂げる大きなきっかけを生んだ。

また1980年代から90年代にかけては高性能エンジンを積んだモデルが当時の若者から支持を集めさらにヒット。1990年代後半にはスポーツモデル「タイプR」へと発展を遂げていった。

2000年代に入り国内では後輩コンパクトカー「フィット」の躍進で衰退の一途に

いっぽうで国内では2001年にコンパクトカー「ホンダ フィット」が誕生し、かつてのシビックユーザーを吸収。2005年にはハッチバックが廃止され、残ったセダンタイプも2010年には姿を消しており、タイプRのみが英国製の輸入車として残されるのみとなった。

つまりここ10年、国内でホンダ シビックと言えば、ほぼ「タイプR」を示すものとなっていったのだった。

先代シビックも2割以上が20代! 実際の購入ユーザー層は意外と若く、MT比率も3割を占める

そんな中で2017年に復活を遂げた先代(10代目)シビックは、セダン、5ドアハッチバック、そしてタイプRの3タイプがラインナップされた。

タイプR以外ではブランクもあり、さらに国内のCセグメントセダン及びハッチバック市場も、同クラスでは「トヨタ カローラ」と「プリウス」が存在感を示すのみ。あとは、海外でも販売される「スバル インプレッサ」や「マツダ3」などごく一部のモデルが存在し、かつてに比べると市場は大幅に縮小していた。

実用的なハッチバック車を求める層は「フィット」や、もっと小さな軽自動車へと移行し、ファミリーや若い層はSUVやミニバンを愛用していた。

ニッチな存在となったシビックが、若いユーザーからの支持を集めた

そんなニッチな市場の中で新生シビックは、意外にも若い層から支持を集めた。それも高価なタイプRではなく通常のモデルである。20代のユーザーが2割以上だったという。

生まれた時から背の高いミニバンやSUVに囲まれ育ってきた世代には、むしろ背が低くスタイリッシュなハッチバックやセダンが新鮮に映ったのだ。スポーツカー以外ではほぼ絶滅危惧種となっているMT車の比率も、近年では異例の3割を占めるというからスゴイ。

オジサン世代が勝手に思う“シビック”像からは大幅に進化を遂げていた新型シビック

そして2021年9月、11代目となった新型シビックが誕生した。今回は5ドアハッチバックのみのラインナップ。先代に比べずいぶんとシンプルでクリーンな内外装デザインに生まれ変わったことで、なかなか新鮮な印象を放っている。

ホンダの開発者によれば、日本のみならず北米などでも若い層からの注目度が高いという。先代に続きMTモデルも用意されているが、こちらも3割くらいの販売比率を目指しているそうだ。

かつてコンパクトカーを好んでいたオジサン世代(筆者のことだ)から見ても、スポーティなハッチバック車もなかなか良いものだと再確認出来た。

ユーザーはカテゴリーにとらわれず自由にシビックを選んでいた

ホンダによれば、特に国内でライバルと呼べる車種は明確にないという。

もちろん開発にあたってはトヨタ カローラやフォルクスワーゲン ゴルフなどとも比較検証をしたが、実際に購入検討するユーザー、特に若い層の中では、あまりこれらのライバル車種を意識していないという。むしろ「ホンダ ヴェゼル」や「トヨタ ハリアー」といったSUVなどと比較しているケースも多いようだ。

つまり、シビックが気になる若い層にとって、クルマ選びの基準は「カッコよいか否か」。そこにヒエラルキーやクラス、ジャンルといった固定概念など、はなから存在しないのだ。

「ハッチバック車」という旧来のカテゴリーという枠にいつまでもとらわれているのは、筆者のようなオジサン世代だけかもしれない。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:佐藤 正巳・Honda]

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円354万円
中古価格:
38.3万円493.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる