新型シビック、かつてのモデルを彷彿とさせるスッキリとしたデザインに好印象の声【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年9月3日(金)より発売開始したホンダ 新型シビック。1972年の初代から数えて11代目となる新型シビックのデザインは、アグレッシブなフォルムが印象的だった先代10代目モデルから一転、水平基調かつ低重心なフォルムに刷新している。ここでは、そんな新型シビックのデザインについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. 水平基調の落ち着いたデザインに進化した新型シビック
  2. 「ワンダーやミラクルの頃を彷彿とさせる、シビックらしさを感じるデザイン」の声
  3. タイプRにもスッキリとしたデザインに期待を寄せる声

水平基調の落ち着いたデザインに進化した新型シビック

新型シビックの外観デザインは、初代モデルからの原点に立ち返り、低重心・水平基調でシンプルなデザインに回帰。流れるようなルーフラインが与えられ、クーペルックの流麗な形状にまとめられている。

ボディサイズは、全長4530mm×全幅1800mm×全高1415mm、ホイールベースは2735mm。先代型より30mm長く、5mm低いが、車幅は変わらず。ホイールベースは35mm延長されている。

フロントマスクでは、独特の形状をしたフロントグリルと、シンプルなヘッドランプの組み合わせがクールな印象だ。

Aピラー(フロントウィンドウを支える柱)の角度は、その延長線上に前輪の車軸がまっ直ぐつながる位置関係で、古典的なクルマの黄金比を踏襲。ボディ下部の形状はシンプルかつワイドなスタンスで、見た目にも落ち着いた安定感が感じられる。

リヤ周りでは、アーチ状のルーフラインが後席頭上にピークがあり、室内の広さを予感させる。また広いハッチゲートの開口部などから、荷室の使い勝手もいかにも良さそうに映るなど、機能が形に表れている。

内装も同様に、不要なデザイン要素を排除し、スイッチ類も直感操作可能な形状としたうえで、操作時の触感の良さにも配慮。運転席からの視界の良さや開放感も大きな特徴としている。

「ワンダーやミラクルの頃を彷彿とさせる、シビックらしさを感じるデザイン」の声

そんな新型シビックのデザインについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

「久々にスッキリしたデザインが出てきた」

「昔のすっきりスマートなホンダ車が戻ってきたようで好印象」

「全体的に落ち着いていて飽きも来なさそうな良いデザインだと思う」

「かつて人気を博したワンダーやミラクルの頃を彷彿とさせる、シビックらしさを感じるデザイン」

「内装のセンスもこれ見よがしでなくてすごくいい」

総じて、昔のシビックのようなスッキリとしたデザインと好印象の様子。先代モデルでは特徴的な迫力あるデザインがいまいち評判が芳しくなかったが、その反動もあってか新型シビックのデザインを推す声は多い。一部ではまだ、

「昔を知る層からしたらシビックという名は、車格が大きくなったこの車にマッチしない。アコードと言われたらなるほどと思う」

「カッコ良いのは分かるが、車格が日本向けじゃない」

といった声も見受けられたものの、

「かつてのシビック知る者からすると大きく高額になったなとは思う。でもカローラもゴルフも初代からどんどん大きく成長しているし、そのため弟分(ヤリスやポロ)ができたのでそこまで違和感ではない」

など、肯定的にとらえる層も増えてきている印象だ。

タイプRにもスッキリとしたデザインに期待を寄せる声

そんな好印象の新型シビックのデザインだが、早速、

「タイプRもゴテゴテで無いスタイルで出ないかな」

「ノーマルモデルでこのテイストならタイプRにも期待が持てる」

「ガンダムチックなタイプRからようやく卒業か!?」

と、2022年以降に追加登場がアナウンスされているスポーツモデル“TYPE R(タイプアール)に期待する声も少なくない数で挙がっている。

新型シビックはデザイン評通り、これから人気を獲得していくことは出来るのか? また、気になるタイプRの姿はどのようなものになるのか? 引き続き、今後の展開に注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円354万円
中古価格:
38.6万円438万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト那須

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる