【撥水・防水性能比較】マツダ CX-5にも設定された防水ラゲッジ! アウトドア派にオススメの機能をスバル フォレスター&日産 エクストレイルと比較

  • 筆者: 工藤 貴宏
  • カメラマン:堤 晋一/茂呂幸正
画像ギャラリーはこちら
2021年11月にマイナーチェンジしたマツダ CX-5のトピックのひとつが、新しい世界観をみせるふたつの新グレード(特別仕様車扱いだが実質的にグレードのひとつ)の登場だ。

そのひとつにはライムグリーンのアクセントを添えたインテリアなどでアウトドアギアっぽくアクティブな雰囲気を演出する「フィールドジャーニー」がある。都会派のイメージだったCX-5の大胆なイメージチェンジだが、従来からアウトドアユーザーを取り込み人気の高いスバル フォレスター&日産 エクストレイルと比較しながら、防水・撥水機能の装備を紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. マツダ CX-5のフィールドジャーニーではラゲッジボードの片側を防水仕様とした
  2. ラゲッジに加えてシート表皮にも撥水仕様が用意されるスバル フォレスター X-BREAK
  3. 防水範囲がラゲッジ、シート、フロアにまで及ぶ! 日産 エクストレイル

マツダ CX-5のフィールドジャーニーではラゲッジボードの片側を防水仕様とした

これまで泥が似合わない都会的なイメージを押し出してきたCX-5にとって、アウトドアテイストとしたグレードの追加は大きな方向転換だ。「フィールジャーニー」は、前後バンパーやドアの下にアンダーガード風のシルバー加飾を入れることでスタイリングに力強さが増しているし、タイヤは泥道にも強いM+S規格オールシーズンとするなど、これまでのCX-5のイメージとは大きく異なるのだから興味深い。

インテリアにもアウトドアウェアのような蛍光色を取り入れた

インテリアも六角形のエンボス処理をしたスウェード調&合成レザーのシート表皮としたうえで、シートステッチやパイピング、エアコンルーバーにライムグリーンを添えてアウトドアウェアのようなコーディネートとしている。

そして特徴的なのがラゲッジルームの使い勝手だ。荷室床面のボードをリバーシブルとして、片面は防水タイプ。またサブトランク(床下収納スペース)内も防水加工とし、濡れたり汚れたものを気兼ねなく積めるように配慮している。また汚れたら水拭きで掃除できるのもアウトドア派には嬉しいではないか。

ラゲッジに加えてシート表皮にも撥水仕様が用意されるスバル フォレスター X-BREAK

では、ライバルはどうだろうか?

スバル フォレスターのアクティブなグレードといえば「X-BREAK」だが、ラゲッジスペースを見ると「撥水カーゴフロアボード」が採用されている。

これは表面に撥水処理を施したもので、CX-5の「フィールドジャーニー」と同様に、一般的なカーペット状の床と違って水が染み込まず汚れても掃除しやすい仕様だ。

撥水性ポリウレタンシートで濡れたまま乗り込んでもOK!

加えて、CX-5「フィールドジャーニー」よりも充実と言えるのはシート表皮まで撥水となっていること。

「X-BREAK」の表皮は「撥水性ポリウレタン」で表面についた水分が染み込まない仕様。海に出かけたときに水着のまま乗り込んだり、ウインタースポーツの後で服に雪が付いたまま、さらには汚れがふき取りやすいからアウトドアスポーツの後に汚れた服で乗り込んでも気にならないのがいい。また、子供が食べ物や飲みものをこぼしてしまっても簡単に掃除できる。

防水範囲がラゲッジ、シート、フロアにまで及ぶ! 日産 エクストレイル

しかし、なかにはもっと徹底しているクルマもある。それが日産 エクストレイルだ。

ガソリンモデルの20Xiと20Xi Vセレクション、20S Vセレクションの3グレードには防水のラゲッジを採用する。またレザーエディションを除く5グレードのシートは防水仕様、さらにフロアにも水が染み込まない防水加工が施されるなど、とにかく防水の範囲が広いのだ。さすが元祖「アウトドア遊びに便利な使い倒し系SUV」である。

まとめてみると、防水処理がラゲッジ周辺に留まるCX-5の「フィールドジャーニー」に対し、フォレスター「X-BREAK」ではラゲッジルームに加えてシートまで拡大。さらにエクストレイルでは、多くの仕様でラゲッジとシート、そして床までも防水とするなどとことん凝っている。

使い方に合わせてどこまで防水処理が必要か考えてみると良い

実際の購入時は「防水の範囲が広ければ広いほどいい」というのではなく、個々のユーザーがどこまでを必要とするかはよく考えて整理したほうがいいだろう。とはいえ、ユーザーの要求に応えてくれるという意味ではエクストレイルが最強であり、CX-5「フィールドジャーニー」はライバルに比べると防水処理の範囲は狭いといえる。

ただ、荷室が防水になるだけでも利便性が大きく高まるのは言うまでもない。そういう意味では「フォールドジャーニー」は従来のCX-5よりもかなりアウトドア向きなのは間違いないところだ。

最後に、フォレスターもエクストレイルも、表皮に本革を使うタイプを除くすべてのグレードで撥水のシートを採用しているという事実は、改めて知ると凄いことだと思う。

【筆者:工藤 貴宏】

マツダ/CX-5
マツダ CX-5カタログを見る
新車価格:
267.9万円407.6万円
中古価格:
69.8万円392.9万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる