フリード vs シエンタ、室内空間はフリードの圧勝! 唯一の弱点は“上級クラスが売れなくなる”こと!?

画像ギャラリーはこちら
コンパクトミニバンのライバル車「ホンダ フリード」と「トヨタ シエンタ」は、販売台数においても常に接戦を繰り広げている。2台の実車を見比べてみると、室内の広さや使い勝手の面ではフリードの圧勝。しかしホンダ フリードの唯一にして最大の弱点は、上級クラスのステップワゴンが売れなくなることだ。
目次[開く][閉じる]
  1. デビューから丸5年で絶好調のフリード、丸6年のシエンタはやや失速気味か
  2. 全長4.3メートル! 全長4.7メートル級のヴォクシーやステップワゴンに比べコンパクトなサイズが魅力
  3. ライバルと言いながら正反対の設計思想! 広い室内を重視するフリードと格好良さを重視するシエンタ

デビューから丸5年で絶好調のフリード、丸6年のシエンタはやや失速気味か

ホンダ フリードが好調な売れ行きを示している。

現行型(2代目)フリードは2016年9月のフルモデルチェンジだったから、早くもデビュー5年を迎えたモデル。しかし自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)調べによる2021年8月度の新車販売ランキングでは、8位に位置する。しかも5200台という販売台数は前年同月比で124.8%の伸びで、ますます好調なくらいだ。

対するライバルのトヨタ シエンタは、やや失速気味な状態。こちらも2015年7月登場だから、デビューから丸6年。16位にランクインし、3351台を売った。前年比では81.0%となる。

ともあれ、コンパクトクラスで後席スライドドア付きの3列シートミニバンを買おうとすれば、国産車ではこの2台のみの存在。価格帯もおよそ100万円台後半から300万円以下と、ミニバンの中では手頃な設定なのも嬉しい(FFモデルの場合)。

全長4.3メートル! 全長4.7メートル級のヴォクシーやステップワゴンに比べコンパクトなサイズが魅力

フリード、シエンタ共に、ボディサイズは全長4.3メートル弱、全幅1.7メートル弱の5ナンバーサイズ。フリードのほうが全高1710mm、シエンタが1675mmと、全高だけ差が大きいのが2台の最大の違いだ。

ひとクラス上のMクラスミニバン、トヨタ ヴォクシー、日産 セレナ、ホンダ ステップワゴンとの違いを見てみよう。

例えば日産 セレナの場合、全長4.7メートル前後、全高1.8メートル強。ボディサイズに関してはふた回りくらい大きくなってしまう。

その分室内空間のゆとりはやはりMクラスミニバンのほうが圧倒的に広いが、狭い市街地や駐車場などでの取り回しという意味では、フリードやシエンタの程よいサイズが有利に働く。

このあたりをどう捉えるかによって、フリードやシエンタの評価も変わってくるだろう。

ライバルと言いながら正反対の設計思想! 広い室内を重視するフリードと格好良さを重視するシエンタ

高効率なパッケージングによる室内空間で上位クラスに迫るホンダ フリード

さて、セレナクラスの室内空間は圧倒的に広いと書いたが、フリードやシエンタが狭いという訳ではもちろんない。

特にフリードは、見るからに広さを感じさせる四角い車体形状と背の高さ、そして低床設計によって、乗り込んでみても空間効率の良さが実感出来る。これなら上位のMクラスミニバンでなくてもOK、と感じさせるほど。

現にホンダでは、Mクラスのステップワゴンの売れ行きがここしばらくかなり低迷し続けている。2021年8月の販売ランキングも18位(2907台)だ。おそらく全国の販売店ショールームでは「フリードで十分に良いじゃない」となっていることが推察される。

上位クラスにはないスタイリッシュなデザインで推すトヨタ シエンタ

対するシエンタは、低めの屋根とスタイリッシュなスタイリングが特徴。空間を最大限活用し実用性を最優先させたフリードとは、大きく印象が異なる。これは上位のMクラスミニバンとのすみ分けという狙いもあるだろう。トヨタ全体の商売を考えると、これもひとつの考え方である。

実際、Mクラスミニバンのヴォクシー(12位:4243台)やノア(17位:3080台)を合計すると、シエンタの倍の販売台数を売っていることからも、すみ分けが上手くいっていることがわかる。

少しでも安くお得な買い物を、と願う消費者の心理に見事にハマったフリード

このようにフリードとシエンタは、ライバルと言いながらも、対照的な設計思想により造られている。販売台数の違いは、2社の販売戦略の違いが大きく左右している。

そのうえで、先行き不透明なコロナ禍の中、少しでも安くてお得な買い物を志向するユーザーの気持ちに見事にハマったのが、安くて小さいサイズに実用性を確保したフリードだった。フリードの快進撃は、まだまだしばらく続きそうだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:和田 清志・小林 岳夫・Honda・TOYOTA]

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
14.8万円332.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる