ランドクルーザープラドの新車予算で、憧れのジープブランド最高峰モデル「グランドチェロキー」2021年式の中古車も狙える!【国産新車 vs 中古外車】

画像ギャラリーはこちら
アウトドアブームが本格化し、ライトなSUVでは満足しないユーザーたちが本格的な四輪駆動車に目を向け始めている。日本ではトヨタのランドクルーザープラドが人気だが、その500万円の新車予算を中古車に割けば、3年落ち以内の「ジープ グランドチェロキー」が手に入ることをご存じだろうか。四輪駆動車の元祖であるJeepブランドのフラッグシップモデルだ。

今回はそんな憧れのブランド「ジープ」の最高峰モデルについてご紹介しよう。

>>憧れのJeepを手に入れよう! グランドチェロキーを写真で見る[画像31枚]

目次[開く][閉じる]
  1. Jeep(ジープ)は軍用車だけにあらず! ワゴン型四輪駆動車の元祖としても有名だ
  2. 最新の2021年式が4台もヒット! 「ジープ グランドチェロキー」の中古車が今狙い目だ
  3. 3年落ち・2万キロ以下で28台がヒット! 走行距離100km未満の「登録済み未使用車」も

Jeep(ジープ)は軍用車だけにあらず! ワゴン型四輪駆動車の元祖としても有名だ

ここで今さらあらためて言うまでもなく、Jeep(ジープ)は老舗中の老舗四輪駆動車の名だ。SUVがいまほど普及していなかった1980年代くらいまでは、四輪駆動車全般を「ジープ型」などと呼んでいたほど、広く浸透しているブランドである。

第二次世界大戦で米軍が用いた軍用車に端を発するジープは、今も「ジープ ラングラー」として脈々と受け継がれているが、より乗用車に近いスタイルのワゴンタイプも古くから製造してきたのがジープのもうひとつの特徴でもある。そんなワゴンタイプの最高峰モデルが、今回ご紹介する「グランドチェロキー」である。ランドクルーザープラドと並び、アウトドア派垂涎のプレミアムブランドである。

最新の2021年式が4台もヒット! 「ジープ グランドチェロキー」の中古車が今狙い目だ

さっそく中古車検索サイトで「ジープ グランドチェロキー」[現行型]を検索してみた(2021年7月4日現在 MOTA調べ)。

走行距離2万キロ以内、2018年式までの「ジープ グランドチェロキー」の中古車を検索!

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名:ジープ グランドチェロキー(現行型)

・モデル:2011年3月~

・年式:平成30(2018)年~令和3(2021)年

・走行距離:~最大2万キロまで

・価格帯:400万円~500万円

・修復歴:なし

(2021年7月4日現在 MOTA調べ)

ジープ/グランドチェロキー
ジープ グランドチェロキーカタログを見る
新車価格:
524万円1,356万円
中古価格:
45万円1,077.3万円

3年落ち・2万キロ以下で28台がヒット! 走行距離100km未満の「登録済み未使用車」も

ジープ グランドチェロキーを検索してみたところ、新車保証が継続する3年落ち以内の中古車28台がヒットした。しかも最新の2021年モデルも4台含まれているのだから嬉しい。2020年式も含めると計13台、しかもその中で走行距離1000km未満の個体が8台もある。

さらに走行50kmにも満たない「登録済み未使用車」と呼ばれる車両も4台!

新車はあきらめていた、という人もこれは狙い目だ。特に登録済み未使用車は探している人も多い。こればっかりはタイミング次第で出てきたり出てこなかったりするものだ。気になるなら問い合わせを入れてみると良いだろう。

走行距離2万キロ以内でもかなりの上物が揃う

つい低走行距離の車両の話ばかりしてしまったが、今回の検索条件は走行2万キロ以内、年式も3年落ち以内と、かなり上物に絞っている。いずれも上級仕様のモデルや限定車など、豊富に揃っているのが特徴だ。

しかも正規ディーラーによる認定中古車が多いのも高年式モデルの特徴である。つまり、ジープを熟知したスタッフが接客してくれる可能性が高いということになる。

中古車は常に流通しており、いつも在庫があるとは限らない。購入は早い者勝ちだ。限定車の詳細や、中古車サイトに載っていない最新の入荷情報なども得られることもあるから、まずはお店に問い合わせして欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザープラドの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザープラドのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザープラドの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザープラドの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザープラドのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる