VW 新型ゴルフと旧型ゴルフ、何が違う!? 8代目は全車にデジタルコックピットを標準化! 実は先代から始まっていたデジタル化、新旧内装デザインを写真で比較

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:茂呂 幸正・小林 岳夫・フォルクスワーゲングループジャパン
画像ギャラリーはこちら
2021年6月15日(火)、フォルクスワーゲンの主力ハッチバック「ゴルフ」がフルモデルチェンジし、同日より発売を開始した。1974年(日本導入は1975年)にデビューした初代ゴルフから数えて、本モデルで8代目。輸入車の中でも常にトップクラスの販売台数を維持し続ける人気ブランドは新型でどう変わったのか。今回は内装デザインを新旧ゴルフで比較してみよう。

>>フォルクスワーゲン 新型ゴルフと先代ゴルフを写真で比べる[画像72枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 全車48Vマイルドハイブリッド化、デザインもスマートに生まれ変わった新型ゴルフ
  2. 新型ゴルフ8の内装で最大の見どころはデジタルコックピット化されたインパネ周りだ
  3. 斬新な内外装を得た新型ゴルフだが、室内や荷室の広さ、視界良さといった美点は先代同様に維持

全車48Vマイルドハイブリッド化、デザインもスマートに生まれ変わった新型ゴルフ

フォルクスワーゲン(VW)の主力モデルである新型ゴルフが2021年6月15日(火)、いよいよ日本へ導入された。

新型ゴルフは、直列3気筒 1.0リッターTSIターボエンジン、直列4気筒 1.5リッターTSIターボエンジンに、VW初の48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる。

スタイリングも、歴代ゴルフらしいアイデンティティは残しつつすべてを一新し、スマートなデザインに生まれ変わった。新型ゴルフ(ゴルフ8」)の価格は、291万6000円から375万5000円(消費税込)である。

新型ゴルフ8の内装で最大の見どころはデジタルコックピット化されたインパネ周りだ

新型ゴルフ(ゴルフ8)の内装で最大の見どころは、デジタルコックピット化されたところだろう。これはゴルフ8全車に標準装備となる。

10.25インチの液晶ディスプレイを用いたデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”と、センターディスプレイの純正インフォテイメントシステム(10インチタッチスクリーン式)とセットで組み合わされた。同じ視界に左右一体となって映るワイドディスプレイは圧巻だ。

オプションで純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”や、速度やナビの案内情報などをフロントウィンドウに映すヘッドアップディスプレイも加えれば、さらにパーフェクトなドライバーインフォテイメントシステムが構築出来る。

また車両にはオンライン機能を付加するeSIMカードを内蔵。オンライン・コネクティビティサービス“We Connect”および“We Connect Plus”により、ストリーミング、インターネットラジオ、その他のオンライン機能を搭載する。

単にデジタルディスプレイ化されただけではない。たとえばインフォテイメントシステムにはタッチスライダーが備わり、2本の指操作によるジェスチャーで、オーディオの音量やエアコンの温度調整が出来る。オプションのパノラマルーフも同様に指を前後に動かすだけで開閉可能だ。

このように、見た目の新しさだけでなく、運転を邪魔せずに直感的な操作が出来る点も、ゴルフ8では注目しておきたいポイントだ。

先代の7代目ゴルフ(ゴルフ7)も、2017年のマイナーチェンジで12.3インチ液晶メーターを採用

新旧ゴルフを見比べてもうひとつ大きな違いはシフトだ。新型ではシフトバイワイヤーを採用しシステムを小型化したことで、小さな“スイッチ”になった。例えば低速走行時にリバースの操作を受け付けても、適正な速度に達してから移行する仕組みを取り入れており、誤操作を防ぐ。

なお改めてお伝えしておきたいのは、2017年のマイナーチェンジで、ゴルフ7にもデジタルメータークラスター”Active Info Display”(アクティブ・インフォ・ディスプレイ)が採用されたという点。

オプション装備だが、新型よりも大きな12.3インチの高解像度カラーディスプレイが備わった。またジェスチャー操作によるインフォテイメントシステムの作動もこのモデルから始まっている。

斬新な内外装を得た新型ゴルフだが、室内や荷室の広さ、視界良さといった美点は先代同様に維持

いっぽうでシートまわりに大きな変化はない。室内の広さ自体もほぼ変わらず、快適な空間はゴルフ7、ゴルフ8とも同等だ。

斬新に生まれ変わった新型ゴルフだが、歴代ゴルフが受け継いできた運転視界の良さや室内の広さ、荷室の使いやすさといった美点はそのまま残されている。

良い意味で保守的な面を維持しつつ、先進的な内外装でイメージを一新した新型ゴルフ。先代同様に、日本でもまた多くの支持を集めそうだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部/撮影:茂呂 幸正・小林 岳夫・フォルクスワーゲングループジャパン]

フォルクスワーゲン/ゴルフ
フォルクスワーゲン ゴルフカタログを見る
新車価格:
291.6万円375.5万円
中古価格:
14.8万円590万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ゴルフのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ゴルフの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ゴルフの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ゴルフのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる