autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 国産最新ハッチバック 徹底比較

3台比較 2007/8/24 16:37

国産最新ハッチバック 徹底比較(1/4)

国産最新ハッチバック 徹底比較
国産最新ハッチバック車徹底比較

もともとハッチバック車というのは、ヨーロッパ市場において人気が高い。日本の自動車メーカー各社も、そこに向けた車種を開発し、市場投入していた。

折りしも日本の自動車市場は縮小傾向となり、自動車メーカーは、本来は欧州市場向けに開発したモデルを日本市場でも販売するというスパイラルが展開されるようになった。よって、日本市場におけるハッチバック車というと、かつてはコンパクトなエントリーモデルに限られていた感があったのだが、最近では徐々に事情が変わってきたのである。

ボディサイズは5ナンバー枠を超え、2Lクラス以上のエンジンを搭載し、内外装や装備も上級仕様としたモデルが増殖中である。ブレイドのように車両価格が200万円をはるかに超えるモデルも数多く見られるようになった。

そんな中で、今回は以下の3モデルをピックアップした。

インプレッサは、事前よりいわれていた情報のとおり、ハッチバック車メインに生まれ変わった。北米仕様としてセダンも存在するが、日本市場には投入される予定はないという。今のところベーシックモデルのみ発売されており、賛否両論の声が聞かれる中で、どちらかというと往年のファンからは残念に思う声が大きいようだ。

ブレイドは2006年末に登場した、高級ハッチバック車。先にデビューしたオーリスの兄弟車であるが、オーリスが基本的に欧州仕様であるのに対し、ブレイドは日本専売モデルである。そして、オーリスをしのぐ売れ行きを見せている。

アクセラは2003年に登場したファミリアの後継モデルであり、欧州名「マツダ3」として、欧州で数々の賞を受賞したほか、欧州では非常に好調に売れている。2006年6月にマイナーチェンジし、内外装が小変更された。今回は比較車に合わせて、スポーティなS系グレードではなく、上級指向の「20C」グレードを持ち込んだ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

スバル インプレッサ の関連編集記事

スバル インプレッサの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサ の関連編集記事をもっと見る

スバル インプレッサ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR