ホンダ 新型フィットハイブリッド vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較(1/2)

ホンダ 新型フィットハイブリッド vs トヨタ アクア どっちが買い!?徹底比較
ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド ホンダ 新型フィットハイブリッド 画像ギャラリーはこちら

初代フィットの興奮が蘇る!3代目次期フィット、まもなく登場!!

ホンダ 新型フィットハイブリッド

2013年の9月以降に登場する新型車の中で、いま最も高い関心を集めているのが「ホンダ フィット」だろう。

2001年に発売された初代フィットは爆発的なヒット作となり、コンパクトカーの流れを変えてしまった。初代フィットの登場以降、ライバル車のコンパクトカーは一斉に値下げを行い、各社とも従来以上に開発に力を入れるようになった。2007年に登場した2代目フィットも堅調に売れて、6年近くを経た今でも販売ランキングの上位に入っている。

そして2013年9月上旬、3代目となる次期フィットが登場する。エンジンからプラットフォームまで大幅に刷新され、初代フィットが登場した時の興奮が再び蘇りそうだ。

次期フィットに関する詳細は、2013年7月19日に「ホンダ 新型フィット・フィットハイブリッド 新型車解説&試乗」として記事を掲載しているので、そちらもぜひご参照頂きたい。当記事では、新型フィットの最大のライバルとなるアクアとの比較に注力していく。

まず、次期フィットの新型エンジンは、直列4気筒の1.3リッターと1.5リッター、これに1.5リッターのハイブリッドが加わる。この3タイプのエンジンで、最も進化の度合いが大きいのが「ハイブリッド」だ。

次期フィットハイブリッドは「馬力」も「燃費」も大幅に向上!

現行フィットハイブリッドはCVT(無段変速AT)に10kW(13.5馬力)の薄型ブラシレスモーターが組み合わせられているが、次期フィットハイブリッドでは抜本的に設計を刷新。

ホンダ 新型フィットハイブリッド 7速デュアルクラッチトランスミッションホンダ 新型フィットハイブリッド リチウムイオンバッテリー

フォルクスワーゲンが採用するようなデュアルクラッチを備えた7速タイプのATに、22kW(30馬力)のモーターを備えている。ハイブリッド用の電池も、ニッケル水素から次期フィットハイブリッドではリチウムイオンへと切り替わる。

フィットハイブリッドのベースとなるエンジンは、現行型では1.3リッターが主力だが、次期型は1.5リッターに統一。これらの変更により、エンジンとモーター駆動を合計したシステム最高出力は、現行1.3リッターの「98馬力」から「137馬力」へと高められる

JC08モード燃費も大幅に向上。現行フィットハイブリッドは1.3リッターベースのハイブリッドで「26.4km/L」だが、次期フィットハイブリッドは標準グレードが「36.4km/L」、パッケージオプションを加えても「33.6km/L」に達する。

先代フィットハイブリッドに比べると、システム最高出力は約140%に向上し、燃費性能も127~138%に高まるわけだ。

デュアルクラッチの採用により、モーター駆動時にはエンジンを切り離せるから抵抗が減る。リチウムイオン電池によって充放電の効率も高い。これにアトキンソンサイクルエンジンの高効率も加わり、高い動力性能と優れた燃費を両立できた。

次期ハイブリッドの価格は、標準グレードが160万円台、装備を適度に充実させたFパッケージでも170万円台に収まる模様だから、現行フィットハイブリッドスマートセレクションの168万円と大差はない。多く見積っても5万円程度の価格上昇で性能が大幅に向上するため、次期フィットハイブリッドは高い人気を得るだろう。

そこで気になるのが、フィットハイブリッドのライバルになるトヨタアクアとの比較だ。アクアも直列4気筒の1.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッドを搭載し、月別の販売ランキングでは上位に喰い込んでいる。そこで、この2車を比べてみよう。

ホンダ 新型フィットハイブリッドホンダ 新型フィットハイブリッドホンダ 新型フィットハイブリッドホンダ 新型フィットハイブリッドホンダ 新型フィットハイブリッド
トヨタ アクア[Sグレード]トヨタ アクア[Sグレード]トヨタ アクア[Sグレード]トヨタ アクア[Sグレード]トヨタ アクア[Sグレード]

【フィットハイブリッド vs アクア 価格・燃費・馬力対決】

車種名

価格

ホンダ フィットハイブリッド Fパッケージ

170万円台

ホンダ フィットハイブリッド(標準グレード)

160万円台

トヨタ アクア G

186万円(税込)

トヨタ アクア S

180万円(税込)

トヨタ アクア L

169万円(税込)

アクアの価格は売れ筋の「S」が180万円だが、スマートキーはオプション設定。これを加えると185万3,550円だから、フィットハイブリッドFパッケージに対して10万円前後は高くなりそうだ。

車種名

燃費(JC08モード)

ホンダ フィットハイブリッド(標準グレード)

36.4km/L

ホンダ フィットハイブリッド(パッケージオプション装着車)

33.6km/L

トヨタ アクア(全グレード)

35.4km/L

JC08モード燃費はアクアが「35.4km/L」。フィットハイブリッドは標準グレードで「36.4km/L」、パッケージオプションを付けると「33.6km/L」だから、アクアは中間的な数値。比率にすれば3~5%の違いだから、同等の燃費性能と見て良いだろう。

車種名

システム最高出力(エンジン+モーター)

ホンダ フィットハイブリッド

137馬力

トヨタ アクア

100馬力

システム最高出力はアクアが「100馬力」フィットハイブリッドは「137馬力」とかなりの差が生じているが、体感的には数値の違い程の性能差はない。(※筆者はフィットハイブリッドのプロトタイプに試乗済みです[編] )

フィットハイブリッドが“1.8リッタークラス”とすれば、アクアは“1.6リッター並”と考えてもらえれば良いだろう。アクアはモーターの最高出力が45kW(61馬力)ということもあり、エンジンが停止しているモーター駆動時には、けっこう力強さを感じる。

1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットハイブリッドのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットハイブリッドの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットハイブリッドの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットハイブリッドのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる