autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)試乗レポート/五味康隆

試乗レポート 2014/8/28 19:44

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)試乗レポート/五味康隆(1/2)

関連: シボレー コルベットコンバーチブル , シボレー コルベット Text: Photo: オートックワン編集部
シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)試乗レポート/五味康隆

キーワードはPRECISION(精密)

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)

試乗車が発色のよい黄色のボディカラーの影響もある。映画『トランスフォーマー』も関係する。野太く周りに響く大排気量V型サウンドの存在も忘れてはならない。しかし、なによりもこのクルマが持つ独自のフォルムから発せられるカッコ良さ、そしてただならぬ雰囲気。これが試乗中の“あの”痛いほど周りの視線を集めるキッカケになっているのだろう。だからこそ御忍びでクルマを使う方には、これから述べるこのクルマのパフォーマンスに興味を頂いたとしてもお勧めしない。

そのクルマこそ、1953年の初代モデル誕生以降、アメリカンスポーツを牽引し続けてきたコルベットの7代目(C7)モデル。細かく言えば、お借りしたのはクーペモデルから1ヶ月遅れて2014年5月に日本上陸を果たしたコンバーチブルモデルだ。

まずは、エクステリアの印象からお伝えしよう。

特に歳を重ねてきた方は、「アメリカのクルマは大排気量エンジンに頼った直線番長的な大味な乗り味!」とか、「内外装の細部の造り込みのクオリティが低い!」など、今までの経験から先入観を持ってしまっている方が多いかもしれないが、このクルマは別物と捉えた方が良い。開発キーワードにPRECISION(精密)が掲げられ、細部にまでこだわって造り込まれている。

とにもかくにもひと言…“カッコ良い!”

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)

ボディサイズは先代と比べると狭小となり、全幅は先代モデルの1935mmから1880mm、全高は1250mmから1230mmになったが、迫力や存在感は逆だ。前方のボンネットは低く垂れ下がり、その脇のタイヤを覆い隠すフロントフェンダーが強調。大きくワイドに口を開くエアインレットの効果もあり、フェラーリなどのスーパーカーが備える空気を切り裂いて走りそうな力強い雰囲気を持つ。

またサイドは、尻上がりのフォルムが躍動感を与え、リアはセンターに鎮座した極太4本出しのマフラーが只者ではないクルマであることを主張している。

どこから見ても、普通のクルマでは無い何かを隠し持っていることが解るが。だが、そんな細かな話よりひと言…“カッコ良い!”クルマ好き、スポーツカー好きなら、実車を前にすればこの気持ちに共感できるはずだ。

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)

自己満足と自己酔狂を深く味わうためにドライバー専用に割り切られた室内

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)

室内はコクピット感が強い。

助手席が若干ないがしろにされている感覚があるが、助手席専用に設置されたエアコン温度調整スイッチ以外、全ての操作パネルや室内の造りが、ドライバーを満足させさせるために造られている感覚を受ける。逆を言えば、ドライバー専用の造りにし過ぎて、結果として助手席に専用の温度調整スイッチが必要になったとも考えられるほどだ。

しかし、そのような造りがこのクルマの魅力を深くする。

と言うのも、この手のスポーツモデルとは、自己満足と自己酔狂をどれだけ深く味わえるかが勝負となる世界。そして、ここまで割り切られた造りは“強い”魅力を発揮する。結果としてオーナーは気持ちを掴まれ、その造りに高級さえ感じるはず。

シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)シボレー 新型コルベットコンバーチブル(C7)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

シボレー コルベットコンバーチブル の関連編集記事

シボレー コルベットコンバーチブルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー コルベットコンバーチブル の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR