86やスープラ……見た目は違えど同じ名前で出ている! 車名復活を果たしたクルマ5選

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
時代の流れや流行によって、惜しくも生産終了を迎えるクルマは多々ある。しかし、コンセプトや商品性などはそのままに、現在の技術を組み合わせて新たに生まれ変わった新型車に、かつての車名を付けて「復活」させる例は珍しくない。

今回は比較的新しいモデルを中心に、車名復活を果たしたモデルを5台紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 直6エンジンのFRモデルは変わらず! トヨタ GRスープラ
  2. およそ30年の時を経て生まれ変わったトヨタ 86
  3. e-POWER専用モデル日産 キックス! 車かつては三菱 パジェロミニのOEMモデルの名前だった
  4. 初代はジムニーのライバル車だった! ダイハツ タフト
  5. 硬派なライトクロカンだったダイハツ ロッキー

直6エンジンのFRモデルは変わらず! トヨタ GRスープラ

2019年にBMWと共同開発され、輸入車として登場したトヨタ GRスープラ。先代モデルは2002年に排ガス規制の対応が難しいことを理由に、惜しまれつつ生産終了した経緯がある。

新型モデルでは直4エンジンの用意されているが、1978年に初代スープラが誕生して以来、直6エンジンを搭載したFRモデルを踏襲している点も往年のファンにとっては嬉しいポイントだろう。

およそ30年の時を経て生まれ変わったトヨタ 86

2012年に登場し、2021年に次期型モデルの発売が発表されたトヨタ 86(GR86)も1983年に登場したAE86型のトヨタ カローラレビン、スプリンタートレノのリバイバルモデルといえよう。

AE86は大人気漫画「頭文字(イニシャル)D」に登場する主人公が扱うモデルで一躍有名となり、爆発的な人気を集めたモデルだ。

その後も改良を加えながら進化してきたが、2000年のカローラフルモデルチェンジを機にトレノ&レビンの生産は終了し、2012年にライトウェイトスポーツのコンセプトはそのままに86として復活を果たした。

GR86もまもなく登場するが、86を正当進化させたモデルに期待が高まる。

e-POWER専用モデル日産 キックス! 車かつては三菱 パジェロミニのOEMモデルの名前だった

2020年に登場した日産として初のe-POWER専用モデルであるキックス。2008年に三菱

パジェロミニのOEMモデルにも同名が使用されていた。

さらに1995年に東京モーターショーで披露したピックアップトラックや1998年のパリモーターショーに出展したディーゼルエンジンを搭載したコンパクトカーにも用いられた。しかし、綴りはすべて異なっているのも興味深い。

初代はジムニーのライバル車だった! ダイハツ タフト

2020年6月に登場したダイハツ タフト。タフトは1974年に登場した本格四輪駆動車にも使用されていた名前だ。

スズキ ジムニーの対抗馬として登場したが、新型モデルはオフロード風のイメージを残しながらも大型サンルーフを持つなど独特のテイストを放っており、初代の商品性を継承したモデルと言える。

硬派なライトクロカンだったダイハツ ロッキー

2019年11月に発売されたコンパクトSUVのダイハツ ロッキーも、22年ぶりに復活したモデルだ。1990年に登場した初代は日本だけでなく北米や欧州などでも販売されていたライトクロカンのグローバルモデルだが、ライバル車に差をつけられてしまい、1997年に販売を終了した。

新型モデルは5ナンバーサイズに1リッターターボエンジンを搭載したクロスオーバーSUVで、新世代プラットフォームのDNGAを採用した登録車としては初のモデルとなり、兄弟車のトヨタ ライズとともに一躍人気車種となっている。

EVやPHEVなどまったく別の形で車名復活を果たすモデルが登場する可能性も!

こうしてみると、車名を復活させただけでなく、コンセプトや商品としての魅力をしっかりと継承したモデルが多いことが印象的だ。ほかにも惜しまれながら生産を終了し、今なお復活を求める声が多い車種も増えている。

電動化など自動車業界全体としての変化が著しいが、新しい形で人気モデルの車名が復活する日も来るかもしれない。

【筆者:MOTA編集部】

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる