autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎 4ページ目

試乗レポート 2014/9/18 19:00

【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎(4/5)

【試乗】トヨタ 新型 プロボックス・サクシード[2014年ビッグ・マイチェンモデル] 試乗レポート/渡辺陽一郎

1.3リッターは街中で扱いやすいバランスの良いエンジン

トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF]

エンジンは直列4気筒の1.3リッターと1.5リッター。サクシードは今でも上級シリーズに位置付けられ、1.5リッターのみの設定だ(価格はプロボックスの1.5リッターと同額)。プロボックスは1.3リッターも選べる。

1.3リッターエンジンは新たに搭載された「1NR-FE」型で、「ヴィッツ」の4WDモデルや「パッソ」と同じ。先ごろ燃費性能を向上させた「ヴィッツ」2WDの新しい1.3リッターではないが、設計はさほど古くない。チューニングはパッソの1.3リッターと同じで、最高出力は95馬力(6000回転)、最大トルクは12.3kg-m(4000回転)になる。

車両重量が1090kgなのでパワフルとはいえないが、直線的にエンジン回転が高まる。アクセルを少し踏んだだけでスロットルが大きめに開くチューニングを施され、街中では扱いやすく感じるが、深く踏み込んでも駆動力はあまり高まらない。そのために登坂路ではエンジン回転が上昇するが、騒々しい印象は受けない。バランスの良いエンジンだ。

1.5リッターは18.2km/Lの低燃費と高回転域の活発な走りが魅力

トヨタ 新型 サクシード バン UL[FF]トヨタ 新型 プロボックス バン GL[FF] インテリア

1.5リッターはサクシード「UL」でチェックした。このエンジンは従来型と同じ「1NZ-FE」型で、カローラアクシオ&フィールダー、ヴィッツなど幅広い車種が搭載する。最高出力は109馬力(6000回転)、最大トルクは13.9kg-m(4800回転)だ。

幅広い回転域で駆動力が高まり、特に高回転域の速度上昇は活発。十分な性能だが、エンジンノイズに対して遮音性能が少し甘く、登坂路や追い越しではエンジンノイズが響きやすい。

トランスミッションは、従来型は4速ATと5速MTだったが、マイナーチェンジでCVT(無段変速AT)のみに統合された。2WDのJC08モード燃費は、従来型は1.3リッター、1.5リッターともに15.4km/Lだったが、変更後は1.3リッターが17.6km/L、1.5リッターが18.2km/Lになる。車両重量/動力性能/ギヤ比のバランスで1.5リッターの数値が勝る。

[プラットフォームまで大改造した新型の走り・・・次ページへ続く]

トヨタ プロボックスバン 関連ページ

トヨタ サクシードバン 関連ページ

トヨタ プロボックス 関連ページ

トヨタ サクシード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プロボックスバン の関連記事

トヨタ プロボックスバンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プロボックスバン の関連記事をもっと見る

トヨタ プロボックスバン の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21