autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏 4ページ目

試乗レポート 2015/2/18 00:26

【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏(4/5)

【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏

ダブルウィッシュボーンのおかげで、中森明菜のモノマネが良く聞こえる!?

【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏

このようにゴージャスな新型アルファード/ ヴェルファイアだが、その進化は見かけ倒しではない。話を蒸し返すようだがこれは『社長の乗るようなクラスのクルマ』なので、冒頭に述べたとおり、車内の快適性に一番寄与する“走り”の部分での質感の向上も正常進化しているのだ。

リアサスペンションにはダブルウィッシュボーンが採用され後部座席の静粛性を高めているほか、ボディ剛性もスポット溶接の追加、接着溶接の採用、メンバーブレースの追加などで向上されている。

なかでも一番驚いたのが車内の静粛性と、それに伴うフロントシートとリアシートの親和性の高さだ。吸遮音材や制振材、シール材を追加して徹底的にクオリティを上げているのだが、とかく会話が分断されやすい運転席と後席において、しかもアルファード/ ヴェルファイアは2列目シートをかなり後ろに下げてニークリアランスのゆとりをウリにしているのだから、本来その距離はとてつもない。しかし、大声を出さなくてもいいどころか、中森明菜のモノマネしつつウィスパーヴォイスで喋っても、きっちり後席と会話できたのは感激だった。実話である。

これなら運転担当のパパだけ後席の会話に入れない、しょんぼり、なんてこともなさそうだ。

直4 2.5/V6 3.5/ハイブリッド、3種類のアルファード・ヴェルファイアを比べてみた

【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏

それら基本性能の進化を知ったうえで、2.5リッター直4、3.5リッターV6、そしてハイブリッドの3種類を乗り比べてみた。

2.5リッター直4エンジンは、一番廉価なグレードとなるが、なかなか重厚で悪くない。ステアリングフィールも手ごたえがあって、しっとりと接地感の高い走行が楽しめる。ただしネガティブは、踏み込んだときの静粛性に欠けるところ。CVTの回転音と、4気筒の雑味ある音が気になった。

V6 3.5リッターは「踏んだら踏んだだけスッと走り出す」

【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏【試乗】トヨタ 新型 アルファード・ヴェルファイア[2015年フルモデルチェンジ] 試乗レポート/今井優杏

3.5リッターV6は、さすがNAのV6だけあってアクセル開度に対してのトルクの出方がとても明確だ。踏んだら踏んだだけスッと走りだす感じ。エンジン自体にパワーがあるので、踏み込んでも踏み込みすぎるまでに速度にのることができるため、静粛性が破られることはない。しかし、NAならではというか、最初の滑り出しから中~高速域に入った際、若干の加速の頭打ちを感じてしまった。否、きっちりアクセルを踏み足していけばそれなりにきちんと加速出来る。

しかし、3.5リッターとはいえV6エンジンをのべつまくなし踏むのは、なんというか燃料の価格が不安定な昨今、貧乏くさくて申し訳ないのだがなにかとお財布的にも厳しい気がして、若干躊躇してしまう自分がいるのだ。

もしオーナーになったら、きっと踏み渋るだろうな、と。

[ならばハイブリッドはどうだ!?・・・次ページへ続く]

トヨタ アルファード 関連ページ

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファードハイブリッド 関連ページ

トヨタ ヴェルファイアハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22