autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ 新型スイフトスポーツ最新情報|初の1.4Lターボを搭載!?2017年9月フルモデルチェンジの価格やスペックを大胆予想!

新型車解説 2017/8/7 17:26

スズキ 新型スイフトスポーツ最新情報|初の1.4Lターボを搭載!?2017年9月フルモデルチェンジの価格やスペックを大胆予想!

スズキ 新型スイフトスポーツ最新情報|初の1.4Lターボを搭載!?2017年9月フルモデルチェンジの価格やスペックを大胆予想!

新型スイフトスポーツはフランクフルトショー2017会場で間もなくデビューする

スズキ スイフトスポーツは2003年にスズキ久々のホットハッチとして登場した。2005年に世界戦略車として刷新、欧州車顔負けの走りを実現し、スズキのイメージを大きく変えた立役者となった。

2011年に現行モデルのスイフトへと進化。キープコンセプトながら、6速MT搭載や走りのブラッシュアップなどにより正常進化を遂げ、今やスズキの走りのフラッグシップのみならず、日本のスポーティハッチを牽引する存在へと成長した。

そんなスズキ スイフトスポーツが2017年中にフルモデルチェンジを迎える。

すでにドイツ・フランクフルトで開催される「第67回フランクフルトショー」のプレスデー初日(2017年9月12日)に世界初公開を予定しているが、すでに日本向けのティザーサイトが開設され、エクステリア/インテリアの一部を公開。ここではそのデータと合わせてオートックワン独自で調査した、新型スイフトスポーツの最新情報を一足お先にお届けしよう。

>>【ニュース】スズキが新型スイフトスポーツをついに初公開! 詳細は今秋のフランクフルトショー

新型スイフトスポーツの気になる価格、200万円以下に期待

低いフロントノーズが印象的な次期スイフトスポーツ(2017年9月発表)

スズキ 新型スイフトスポーツの価格だが、1.4Lターボ化など性能アップや装備の充実を考えると、現行モデル(1,728,000円~1,798,200円)より若干アップされると思われる。しかし新型スイフトスポーツは、200万円以内に収めたかなりお買い得なプライスになっているはずだ。

なお発売日についてスズキから正式発表はないが、2017年9月の世界デビューとほぼ同時期に日本でも発売が開始されるだろう。

>>[スクープ!]新型スイフトスポーツ 画像ギャラリー[画像26枚]

新型スズキ スイフトスポーツの外観はスポーティだがオトナの雰囲気も

スポーティな次期スイフトスポーツ(2017年9月発表)のフロントマスクデザイン

新型スイフトスポーツのエクステリアだが、センターグリル開口部の拡大&左右のグリルが独立した専用デザインのフロントバンパーや、デュフューザー形状のデザインと左右出しマフラーをカバーするデザインのリアバンパー、サイドのエアロパーツ、17インチタイヤ&アルミホイールなどでスポーツイメージを高めている。だが、いわゆるベタなホットハッチの演出ではなく、クールハッチのような雰囲気を持っているのが解るだろう。

ちなみにノーマルのスズキ スイフトの全幅は、日本仕様が1695mmと5ナンバー枠に収めているのに対して、欧州仕様では実は1720mmとなっているのをご存じだろうか。果たして日本仕様の次期スイフトスポーツは、どちらを採用するのかも気になる所だ。ちなみに現行と先代のスイフトスポーツでは、海外仕様に3ドアモデルが設定されていたが、フルモデルチェンジ後の新型スイフトスポーツは全世界5ドアのみとなる。

--

【スズキ 新型スイフトスポーツのボディカラーは全部で6色】

なお、公開されたスイフトスポーツのボディカラーは6色。スズキのモータースポーツカラーに由来し、先代との関連性も感じさせるイエロー(黄色)や、定番の赤、青、白、黒、そしてグレーが揃う。

>>【ニュース】これが新型スズキ スイフトスポーツだ!話題のホットハッチがついにベールを脱ぐ!

スズキ 新型スイフトスポーツの内装はスポーツ性とプレミアム性がバランス良く融合された上質なデザイン

次期スイフトスポーツ(2017年9月発表) インテリア・インパネ回り

新型スズキスイフトスポーツのインテリアはインパネ周りの加飾やメーター(タコメーターは縁取りだけでなく表示部も)、ステアリング&シフトノブやシートのステッチなど、スポーツハッチ定番のブラック&レッドのコーディネイトを採用する。

先行発売されているノーマルのスイフトがフルモデルチェンジで質感を大きく引き上げたことと相まって、スポーツ性とプレミアム性が上手にバランスされているのが解るだろう。

また、新デザインのスポーツシートも注目のポイントだ。

気になる次期スズキ スイフトスポーツのパワートレイン、ヒントはメーターパネルの画像に隠されていた!

<参考>スズキ 新型エスクード1.4ターボ(2017年7月発売) 1.4リッター直噴ターボ“BOOSTER JET(ブースタージェット)”エンジン

気になる次期スズキ スイフトスポーツのパワートレインだが、ヒントはメーター中央部に表示されているブースト計とレブリミットが低めのタコメーターに隠されている。ここから推測すると、スイフトスポーツ初のターボ搭載車なのは間違いない!

そのユニットは、先日マイナーチェンジされたスズキ エクスードに搭載される1.4リッター直噴ターボ“BOOSTER JET(ブースタージェット)”の高出力版だ。

エスクードはレギュラーガソリン仕様で136ps/21.4kgmの実力だが、スイフトスポーツ用はハイオク仕様&専用チューニングにより、よりパフォーマンス重視のスペック(150ps前後と予想)になっているはずだ。

新型スイフトスポーツのトランスミッションは、写真が公開されている6速MTだけでなく2ペダル仕様も設定されるが、現行スイフトのCVTではなく、こちらもエスクードと同じく6速AT仕様が搭載されるだろう。

プラットフォームは軽量・高剛性の新開発“HEARTECT(ハーテクト)”を採用。ノーマルのスイフトは先代比最大120kgの軽量化が実施されたが、新型スイフトスポーツはパワートレインに見合った補強がプラスされることを考えると、車両重量は950~1000kgくらいが予想される。それでも現代のホットハッチとしてはかなり軽量な部類だ。

フットワーク系は専用チューニングのサスペンションが採用される。現行と先代にはモンロー製ダンパーが採用されていたが、新型スイフトスポーツはどうなるのだろうか。ちなみにタイヤは写真を見ると“コンチネンタル”のロゴが見える。

新型スイフトスポーツのカタログ燃費は先代の15.6km/L超えに期待

次期スイフトスポーツ(2017年9月発表) 17インチアルミホイール+コンチネンタル製タイヤ

カタログ燃費は、現行スイフトではJC08モード燃費(14.8km/L~15.6km/L)以上の実用燃費の高さがマニアの間で話題となったが、新型スイフトスポーツはダウンサイジングターボ+軽量ボディの効果で、パフォーマンスだけでなく実燃費性能もアップしているはず。恐らくアイドリングストップなども設定されているだろう。

駆動方式はFF(前輪駆動)のみだが、スズキのエスクードやSX-4 Sクロスの海外向けには1.4リッター直噴ターボ+6速MT+AWDの設定があることを考えれば、技術的には不可能な話ではない。追加設定に期待したい。

自動ブレーキ”デュアルセンサーブレーキサポート”は6速MTには未採用!?

次期スイフトスポーツ(2017年9月発表) 外観デザイン

今や必須の先進安全支援システムだが、写真ではフロントウィンドウ中央部にセンサーが見える。

2ペダルモデルは、2016年度JNCAP最高ランク”ASV++”獲得したスズキ 現行スイフトに準じた”デュアルセンサーブレーキサポート”(単眼カメラ+レーザーレーダー使用)や全方位モニターなど、一通りのアイテムが用意されると思うが、これが6速MT車にどこまで採用されるのかが気になる所だ。

<参考>(旧型)スズキ スイフトスポーツ[2WD]の主要スペック

<参考>(先代)スズキ スイフトスポーツ[2WD]の主要スペック
グレードスポーツ1.6
駆動方式2WD
トランスミッションMT
価格(税込み)1,728,000円
(CVTモデル:1,798,200円)
燃費14.8km/L
全長3,890mm
全幅(車幅)1,695mm
全高(車高)1,510mm
ホイールベース2,430mm
乗車定員5人
車両重量(車重)1,040kg
エンジン直列4気筒 DOHC 16V ガソリンエンジン
排気量1,586cc
エンジン最大出力100 kW (136 PS) / 6900 rpm
エンジン最大トルク160 N・m (16.30 Kgf・m) / 4400 rpm
燃料無鉛プレミアムガソリン

※先代スイフトスポーツ(~2016年)の主要諸元です

>>【比較】ホンダ フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ(旧型) どっちが買い!?徹底比較

<参考>(現行型)スズキ 新型スイフト HYBRID RS セーフティパッケージ装着車[2WD] 主要スペック

<参考>(現行型)スズキ 新型スイフト HYBRID RS主要スペック
グレードHYBRID RS
駆動方式2WD
トランスミッションCVT
価格1,787,400円
全長3,840mm
全幅(車幅)1,695mm
全高(車高)1,500mm
ホイールベース2,450mm
乗車定員5名
車両重量(車重)910kg
エンジン種類直列4気筒+マイルドハイブリッド
排気量1,242cc
エンジン最大出力67kW(91PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク118N・m(12.0kg・m)/4,400rpm
モーター最大出力2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
モーター最大トルク50N・m(5.1kg・m)/100rpm
燃料無鉛レギュラーガソリン

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スイフト の関連記事

スズキ スイフトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スイフト の関連記事をもっと見る

スズキ スイフト の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/22~2017/8/22