autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバルが世界のライバルに真っ向勝負だ!新型 インプレッサスポーツ(プロトタイプ) 初試乗 3ページ目

試乗レポート 2016/9/10 00:04

スバルが世界のライバルに真っ向勝負だ!新型 インプレッサスポーツ(プロトタイプ) 初試乗(3/6)

スバルが世界のライバルに真っ向勝負だ!新型 インプレッサスポーツ(プロトタイプ) 初試乗

インプレッサにしては「高級過ぎる」!?

スバル 新型 インプレッサスポーツ[プロトタイプ/2016年10月末発売予定] 初試乗レポート/河口まなぶスバル 新型 インプレッサスポーツ[プロトタイプ/2016年10月末発売予定] 初試乗レポート/河口まなぶ

さらにデザインは、最近のテーマである「ダイナミック&ソリッド」を推し進めて高い質感を実現しただけでなく、例えばインナードアハンドルやパワーウィンドウスイッチ等は、インプレッサにしては高級すぎ?と思えるほど質感の高いものを採用した。

これは今後登場するであろうSGPを採用するモデルで共用するものを、このインプレッサで最初に使ったというわけだ。

そう、こうした細かなパーツは今後登場するレガシィなどでも使われるもので、パーツを共用することによるスケールメリットを活かして高級かつ上質なものを作って全車種に展開するようになったわけだ。

>>[画像80枚]スバル 新型 インプレッサ 画像ギャラリー

あらゆる部分でこれまでの常識を覆す

スバル 新型 インプレッサスポーツ[プロトタイプ/2016年10月末発売予定] 初試乗レポート/河口まなぶ

またインテリアも質感を大幅に高めており、この点で先に一歩踏み込んだ展開を図った「スバル レヴォーグ」を、さらに上回る内容とした。それだけに少し心配になるほどだ。

というのも、レガシィやフォレスターよりも質感が高くて大丈夫だろうか?というような、ヒエラルキーを打ち破る内容といって良い仕上がりだからだ。

こんな具合であらゆる部分がこれまでの常識を覆す・・・それが新型インプレッサの特徴となっている。

車内はとにかく静か、ハンドルはどっしり滑らか

スバル 新型 インプレッサスポーツ[プロトタイプ/2016年10月末発売予定] 初試乗レポート/河口まなぶスバル 新型 インプレッサスポーツ[プロトタイプ/2016年10月末発売予定] 初試乗レポート/河口まなぶ

走りの印象の続きを記そう。

タイヤの転がりのしっとりとした滑らかさに驚いてスピードを上げていくと、次に心に残ったのは室内の静けさ。徹底的に遮音がなされている印象で、ロードノイズは遠くで、エンジンノイズはさらにその遠くで聞こえる程度。

加速するためにアクセルを踏み込んで、エンジンが高回転になるとようやく唸りが聞こえてくる・・・そのくらいの騒音レベルなので、低速および常用域ではエンジンのサウンドがほとんど気にならない。

そうしてカーブが近づいてハンドルを操作すると、今度はとても滑らかな感触を有していることに驚く。ハンドルの手応えはどっしりしているので、女性の場合は重いと感じる人もいるだろう。僕自身も、最近のトレンドからするとやや重めかな?と感じた。

が、作動感はとても滑らかで、上級クラスのサルーンを運転しているような操作感さえ漂ってくるあたりが、まさに質の高さを伝える部分でもある。

>>[画像80枚]スバル 新型 インプレッサ 画像ギャラリー

スバル インプレッサスポーツ 関連ページ

スバル インプレッサG4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサスポーツ の関連記事

スバル インプレッサスポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサスポーツ の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサスポーツ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25