autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2014/3/18 10:33

【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎(1/2)

Text: 岡本 幸一郎 Photo: 和田清志
【試乗】ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ試乗レポート/岡本幸一郎

新商品ではウェットグリップを最重視!

ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20
ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20Cブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20RV

「ECOLOGY(環境)」と「UTOPIA(理想郷)」を組み合わせた、「ECOPIA(エコピア)」ブランドの登場から、すでに20年以上。

環境保全の取り組みを実施してきたブリヂストンは、これまでにも増して低燃費タイヤに力を入れている。

国内市場の変化として、近年は車種カテゴリーが多様化するとともに、女性ドライバーやシルバー層の増加などユーザー像も変化しており、これに合わせてタイヤに求められる性能も多様化してきた。

そして調査の結果、車種カテゴリーによってタイヤ購入時に重視される性能が異なることも判明した。

どの車種のユーザーにも、もっとも重視されているのはウェットグリップである点は共通するが、セダンやミニバンのユーザーでは高速直進安定性を、軽やコンパクトカーとミニバンのユーザーは燃費を重視し、また全体を通じてはライフや静粛性を重視する傾向が強かったという。

ブリヂストン ECOPIA(エコピア) EX20シリーズ

そこでブリヂストンでは、新商品の「ECOPIA EX20」シリーズについて、高い低燃費性能の維持はもちろん、安全性能、すなわちウェット性能の向上や、ライフ性能の向上をコンセプトとするとともに、多様化するニーズに対して、セダンおよびクーペ、軽およびコンパクトカー、ミニバンごとに専用設計とすることで、それぞれの車種に求められる性能を追求した。

そして今回、栃木県の那須塩原にあるブリヂストンのテストコースで、新商品を試すことができた。

EX20シリーズのウェット性能を試す!

「ECOPIA EX20RV」を履いた日産 セレナのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト「ECOPIA EX20C」を履いたダイハツ タントのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト

まずは、ECOPIA EX20シリーズにおける最大の訴求点であるウェットグリップの違いを知るため、ウェット路面で80km/hからのフルブレーキングを実施するデモを見学。

「ECOPIA EX20RV」を履いた日産 セレナと、「ECOPIA EX20C」を履いたダイハツ タントに対し、既存の低燃費スタンダードタイヤである「NEXTRY」を装着した同一仕様の車両で比較したところ、制動距離の違いは明らか。

まず、「NEXTRY」装着のセレナが制動距離約31Mに対し、「ECOPIA EX20RV」を履いたセレナの制動距離は約24.5M。(※右上写真、右の白いボードが「NEXTRY」装着車の停止位置、左が「ECOPIA EX20RV」装着車の停止位置)

続いて、「NEXTRY」装着のタントが制動距離約33Mだったのに対して、「ECOPIA EX20C」を履いたタントでは約24.5M。(※右下写真の、右の白いボードが「NEXTRY」装着車の停止位置、左が「ECOPIA EX20C」装着車の停止位置)

どちらも、まるでヤラセかと思うくらい(もちろんそんなことはないのだが…)差がついたことに驚いた。

「ECOPIA EX20RV」を履いた日産 セレナのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト「ECOPIA EX20RV」を履いた日産 セレナのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト「ECOPIA EX20RV」を履いた日産 セレナのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト「ECOPIA EX20C」を履いたダイハツ タントのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト「ECOPIA EX20C」を履いたダイハツ タントのウェット路面で時速80km/hからのフルブレーキングテスト
既存の低燃費スタンダードタイヤである「NEXTRY」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗
既存の低燃費スタンダードタイヤである「NEXTRY」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗既存の低燃費スタンダードタイヤである「NEXTRY」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗

続いて、「NEXTRY」と「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスで、ウェットハンドリング路を実際に走って比較。

ラベリング制度でウェットグリップ性能「c」の「NEXTRY」装着車も、もっと滑るのかと予想してがそうでもなくて、意外と問題なく走れることに感心した次第。

その感覚を基準に、ウェットグリップ性能「a」の「ECOPIA EX20」装着車に乗り換えると、走り始めからグリップ感がまったく違うことが感じ取れた。

タイトなコーナーでは、メーター読みで10数km/hの限界速度の違いがあった。

「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗
「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗

操舵に対する応答遅れも小さく、コーナリングで限界に達してVSCが作動し、そこからさらに切り増したときにも、滑りながらも舵が効く。「a」と「c」の差は、やはり小さくなかった。

「ECOPIA EX20」はヘビーウェットにもかかわらずベタッとグリップしている感覚がある。

これだけウェットグリップが高ければ、実際の雨の中を走るときの安心感も高いし、いざというときの安全マージンも、より高く確保できるに違いない。

「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗「ECOPIA EX20」を装着したトヨタ プリウスでのウェットハンドリング路テスト試乗
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!