ルノー カングー  &  カングービボップ マリオが突撃!「みんなのオーナーズクラブ」Vol.2「ルノー カングー」編 Part2

記事・レポート 特集 イベントレポート マリオが突撃!「みんなのオーナーズクラブ」Vol.2「ルノー カングー」編 Part2

マリオが突撃!「みんなのオーナーズクラブ」Vol.2「ルノー カングー」編 (2/2)

この記事に登場する車: ルノー カングー | ルノー カングービボップ

Text :
Photo:
南孝幸
マリオが突撃!「みんなのオーナーズクラブ」Vol.2「ルノー カングー」編 Part2

購入から6年、いまだ蜜月関係を続行中!

あやかパパさん

初代ロードスターを2台、そして初代日産キューブなどを経て、先代モデルのカングーにたどりついたあやかパパさん。子供ができたことで小型のファミリーカーへの乗り換えを検討されたとき、子供は居ても3列目シートまでは必要がなく、かつスライドドアで室内空間に余裕があるクルマという条件で絞り込んでいくと、2005年当時は初代カングーが候補に挙がりやすかったようですね。 フランス車だからといって特に不安を抱くこともなく 、ごく自然に検討されたようです。

すでに購入から6年目を迎えていますが、総合的には 「何もかもすべて気に入っています!」 と語られるように大絶賛状態が続いており、愛車との関係はいまだ蜜月!

初代ロードスターで腕を鳴らしたほど運転が大好きなあやかパパさんは、最初は当然のようにMT車を検討。

しかし、背の高いファミリーカーということで走りの良さや楽しさについてはハナっから期待をせず、また奥様も運転できるようにとATを選ばれたのですが、結果的にはこの選択が唯一の失敗となってしまいました。何故なら、購入後に 「カングーは運転がすごく楽しいクルマ!」 であるとわかったからです。

95馬力/15.1kg-mなどのエンジンスペックのデータからはまったく想像もつきませんが、カングーは商用車ベースとは思えないほど操縦性が高かったため、 「MTにすればよかった……」 とあやかパパさんを後悔させたのでした。

「子供が喜ぶほど乗り心地が良く、引っ越しの荷物まで積めるほど積載量が多いのに、コーナリング性能まで高いとは。ヨーロッパ車の素晴らしさには本当に驚きました」 と語るあやかパパさん。

カングーの実力は、良い意味で想像をはるかに超えていたようであります。

メンテナンス面では、タイミングベルトやウォーターポンプをすでに交換しており、国産車の基準からすればやや早いといえますが、壊れやすいと言われがちなATはこの数年特に問題なく、日本の市街地速度(40~50km/h)ではなかなか4速に入らない変速スケジュールについても、すぐに慣れたのでまったく気にならないとのこと。ATはATFをマメに交換することで、トラブル予防に努めておられます。

ヘッドライトを本国仕様のエクスプレスバージョンに交換したり、フェンダーモールを装着したり革巻きステアリングに交換したりと、 少しずつ「自分仕様」に進化 させている過