autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型 ノート NISMO S 速攻試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2014/10/24 14:35

日産 新型 ノート NISMO S 速攻試乗レポート/国沢光宏(2/3)

関連: 日産 ノート Text: 国沢 光宏 Photo: 阿部昌也
日産 新型 ノート NISMO S 速攻試乗レポート/国沢光宏

こんなにワクワクさせられる試乗は久しぶり

日産 新型 ノート「NOTE NISMO S」[FF・5MT/ボディカラー:ブリリアントホワイトパール] 試乗レポート/国沢光宏

久々にワクワクしながら試乗してみた。1速にシフトしてクラッチミートしたら「おおお!」。1.6リッターは140馬力と地味なスペックながら、低い回転域からトルクを出しており、一昔前なら160馬力くらいのイメージ。往年の「ホンダ シビックSi」くらいのパフォーマンスを持っている。

エンジン音も勇ましい。全回転域で静かなスズキのスイフトスポーツと違い、高回転まで引っ張るとムカシのような大きな音量でこそないものの、気分盛り上がります。こういうエンジンに出会うと、最近すっかり忘れていた「マフラー変えようか」という気持ちになるから不思議(いちおうノートNISMO Sにも専用エキゾーストが付いてます)。

ワインディングの下りでコイツに出会ったら・・・

日産 新型 ノート「NOTE NISMO S」[FF・5MT/ボディカラー:ブリリアントホワイトパール]

足回りも標準の日産 ノートとは全く違う。しっかり減衰力を出していながら、乗り心地良い。キチンとサスペンションが動いている。むしろ標準のノートより快適だと思えるほど。ハンドルのセンター付近の挙動のみチョロチョロするけれど、慣らしを十分行えば(試乗車は走行わずか500kmの新車)改善するかもしれません。

いずれにしろ、タイヤサイズ205/45R17というノートクラスとしては過激なスペックを持つブリヂストン ポテンザ S007を履きこなせている。「ワインディングロードの下り坂でこいつに出会ったら、本格的なスポーツカーでも引き離せないと思う・・・」みたいな1980年代風の試乗レポートを書きたくなります。

[結論、大絶賛の国沢光宏は買うのか!?・・・次ページへ続く!]

日産 ノート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19