autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 日産 新型エルグランド vs トヨタ ヴェルファイア & アルファード どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/3/11 15:34

日産 新型エルグランド vs トヨタ ヴェルファイア & アルファード どっちが買い!?徹底比較(3/3)

日産 新型エルグランド vs トヨタ ヴェルファイア & アルファード どっちが買い!?徹底比較

【日産 エルグランド vs トヨタ ヴェルファイア&アルファード ドライビング対決】

日産 新型 エルグランド[2014年1月ビッグマイナーチェンジモデル] ボディカラー:インペリアルアンバートヨタ アルファード ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン

次は運転感覚を比較する。まずは動力性能だが、売れ筋の直列4気筒エンジンを同士で比べると、エルグランドがパワフルだ。排気量がヴェルファイア&アルファードの2.4リッターに対して2.5リッターになることもあり、最大トルクの数値はエルグランドが25kg-m(3900回転)、ヴェルファイア&アルファードは22.8kg-m(4000回転)と差が生じた。

体感的には実用回転域の駆動力が異なり、登坂路に差し掛かっても、エルグランドであればアクセルペダルを深く踏み込む必要はない。エンジン回転をあまり高めずに坂を登れる。

上級のV型6気筒エンジンの性能は、両車ともにほぼ同等。エンジンの性格は、ヴェルファイア&アルファードが少し高回転指向。4500回転を超えた領域で速度を活発に高める。なのでどちらかといえばエルグランドが扱いやすいが、排気量が3.5リッターとあってヴェルファイア&アルファードも不満はなく、エンジン音は静かに抑えた。燃費性能は両車ともにほぼ同じ数値になる。

走行安定性は重心が低いこともあってエルグランドが安定した印象だ。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)がヴェルファイア&アルファードより50mm長いことも奏効しているだろう。ハンドルを切り込んだ時に唐突に傾く挙動を抑え、その後の変化も穏やかに進む。背の高いミニバンでありながら、エルグランドの運転感覚はセダンに近い。左右に振られる度合いが少ないため、クルマ酔いを抑える効果も期待できるだろう。乗り心地にも重厚感が伴う。

【日産 エルグランド vs トヨタ ヴェルファイア&アルファード 安全装備&価格対決】

日産 新型 エルグランド[2014年1月ビッグマイナーチェンジモデル] インテリアカラー:グランドブラック

安全装備は、両車ともにミリ波レーダーを使った衝突回避の支援機能を設定した。エルグランドは3.5リッターエンジン搭載車、ヴェルファイア&アルファードは3.5リッターモデルとハイブリッドで選ぶことが可能だ。

さらにエルグランドでは、アラウンドビューモニターに移動物の検知機能が組み込まれ、後退中などに歩行者が接近した場合、ドライバーに警報を発してくれる。ペダルの踏み間違いによる衝突防止アシストも備わり、安全性を総合的に高めている。

日産 新型 エルグランド[2014年1月ビッグマイナーチェンジモデル] ボディカラー:インペリアルアンバー

車両価格はエルグランド250ハイウェイスター(7人乗り)が349万6500円、ヴェルファイア2.4Z(7人乗り)は339万円。若干の価格差はあるが、エルグランドのヘッドランプはLED、ヴェルファイアはディスチャージといった違いもある。機能や装備と価格のバランスは同等と考えて良いだろう。

外観のミニバンらしさはヴェルファイア&アルファードが濃厚だが、エルグランドにはスポーティーな雰囲気が伴って走行安定性も勝る。Lサイズのセダンからさらに快適なミニバンに代替えしたり、セレナなどのミドルサイズミニバンからグレードアップしたいユーザーにはピッタリだ。車内の広いミニバンに、走る楽しさ、囲まれ感のある質感の高い内装といった上級セダンの価値を加えることで、エルグランドは独自の世界を築いている。

日産 エルグランド のカタログはコチラ

日産 エルグランド 関連ページ

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エルグランド の関連記事

日産 エルグランドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エルグランド の関連記事をもっと見る

日産 エルグランド の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23