autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドライン発売

自動車ニュース 2010/3/25 14:23

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI トレンドライン発売

フォルクスワーゲン ゴルフ TSIトレンドライン

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、同社最量販モデルのゴルフに、新たに1.2リッターのダウンサイジングエンジンを採用した「ゴルフTSIトレンドライン」を追加し、4/9(金)より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて販売を開始すると発表した。

ゴルフは2003年にJAIA(日本自動車輸入組合)が「輸入車モデル別新車販売台数順位」を公表し始めてから7年連続で「国内販売輸入車No.1モデル」となっている。

2009年4月から販売を開始した6世代目のゴルフは、高いボディ剛性や走りの性能、高効率エンジン、トランスミッション、さらにはインテリアの質感や静粛性などで高い評価を受けており、ユーロNCAPコンソーシアムが2009年に実施した衝突安全テストでは33車種中でゴルフが最も安全な車として選出されている。

「ゴルフ TSI トレンドライン」は、ゴルフラインナップのエントリーモデルとしての位置付けながら、9エアバッグやドライバー・ステアリング・リコメンデーション付きESPなど、高い安全装備を標準搭載。

フォルクスワーゲンが推進するダウンサイジングコンセプトの最新エンジンである、新開発1.2リッターTSIエンジンに7速DSGを組み合わせ、低燃費と優れた走行性能を両立させたモデルとなっている。

ゴルフ TSIトレンドラインは、10・15モード燃費で過去最高の17.0km/Lを実現しつつ、最大トルクは175Nm(1,550-4,100rpm)と、1.8リッター自然吸気エンジンに相当するトルクを発揮。

また、国内の排ガス規制に適応したエンジンコントロールユニットを新規に開発し、低排出ガス車(4つ星)に対応とすると共に、平成22年度燃費基準+25%を達成。

「ゴルフTSIコンフォートライン」「ゴルフ ヴァリアントTSIトレンドライン」に続いて、エコカー減税(自動車取得税、自動車重量税75%減税)及びエコカー補助金対象の3番目のモデルとなる。

ゴルフ TSI トレンドラインの主要諸元

エンジン:1.2リッター直列4気筒SOHCインタークーラー付ターボ(2バルブ)

トランスミッション:7速DSG

10・15モード燃費:17.0km/L(平成22年度燃費基準+25%達成)

最高出力:77kW(105PS)/5,000rpm

最大トルク:175Nm(17.8kgm)/1,550-4,100rpm

車両仕様:FF/右ハンドル/4ドア

価格(税込):2,570,000円(税込)

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円