autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタが独自のビッグデータを無料提供!スマホ向けナビアプリ『TCスマホナビ』を提供開始

自動車ニュース 2016/12/1 14:43

トヨタが独自のビッグデータを無料提供!スマホ向けナビアプリ『TCスマホナビ』を提供開始

関連: トヨタ
トヨタのスマホ向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」

トヨタは、新しいスマートフォン向けナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」12月1日より無料にて提供を開始した。

トヨタはこれまで、スマホ向けナビアプリとして、車載通信機等を通じて車両から収集された、トヨタ独自の渋滞情報「Tプローブ交通情報」を掲載し、渋滞を回避するルートを案内する「T-Connectスマホアプリ」を有料(2500円/年)で提供してきたが、災害時の救援活動を支援する目的で、同じくビッグデータに基づく通行実績情報を、「通れた道マップ」として、無料にてWebサイトにて公開し、スマートフォンでの閲覧も可能としていた。

今回、新たに提供を開始した「TCスマホナビ」は、従来のナビ機能の視認性・操作性を一層高めるとともに「Tプローブ交通情報」や「通れた道マップ」を常時掲載。幅広いユーザーに、これらの情報に平常時から慣れ親しんでいただき、災害時においては有効に活用して頂くことを狙いに、無料で提供することにしたという。

さらに、今回の「TCスマホナビ」では、大規模災害発生時においては、「通れた道マップ」に「被災地の航空写真」を表示することを可能としたほか、来夏には「通れた道マップ」を反映したナビゲーションのルート探索機能を追加するなど、災害対策機能を強化する。

また「TCスマホナビ」は、外部の様々なサービス事業者とオープンに連携する場としても活用を進めていく計画といい、その第1弾として駐車場シェアリングサービス事業者のakippa株式会社が提供するサービスと連携し、駐車場の検索・予約、ならびに予約した駐車場までのナビゲーションも提供する。さらに今後は、パーク24株式会社が展開する同様のサービスとも連携を進める予定だという。

TCスマホナビの特長

[駐車場表示イメージ]

トヨタ独自のリアルタイム交通情報「T-プローブ交通情報」の表示のほか、交差点での拡大図表示や交差点名の読み上げなど、見やすい地図とわかりやすい音声によってルートを案内。

・アプリを利用するにあたり、利用料は一切無料

・災害発生時に、被災地域の交通状況がわかる「通れた道マップ」が閲覧できる

・今後も様々なサービス事業者との連携を拡大

駐車場シェアリングサービスをはじめ、今後、様々なサービス事業と連携。ユーザーがクルマに乗る時間だけでなく、生活全般で満足できるサービスの提供を目指し、機能を充実させていく予定

TCスマホナビ概要

[ナビゲーション表示イメージ]

正式名称 TCスマホナビ

開発・運営 トヨタ自動車(株)

提供 トヨタメディアサービス(株)

対応端末 iPhone、Android

サービス地域 日本

対応言語 日本語

サービス開始日 2016年12月1日

価格 無料

App Store (iPhone用)https://itunes.apple.com/jp/app/id1154773775?mt=8

Google Play (Android用)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toyota_ms.TcSpNavi

>>TCスマホナビ画面を写真でチェック

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20