autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産「デイズ」ハイビームアシストを軽自動車で初採用

自動車ニュース 2015/10/22 16:03

日産「デイズ」ハイビームアシストを軽自動車で初採用

自動ブレーキを全グレードに標準化

日産は、「デイズ」をマイナーチェンジし10月22日より発売開始した。価格は1,150,200円~1,684,800円(消費税込)。

デイズは先進装備が充実しており、アラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコン、スーパーUVカット断熱グリーンガラスといった快適性と利便性を備えている。

◎フォトギャラリー/37枚

日産デイズ

今回のマイナーチェンジでは、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさをルームミラー背面のウィンドシールドに設置したカメラのセンサーで認識し、車速などの諸条件によりハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を軽自動車として初採用した。これにより、対向車とのすれ違い時などにロービームへの切り替え忘れを防ぐだけでなく、ハイビーム走行が増えることで前方の歩行者や道路状況をいち早く視認することが可能になった。

さらに、これまでメーカーオプション設定となっていた「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、一部グレードではメーカーオプション設定となっていた「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」などの安全装備を全グレードに標準装備した。

また、赤外線(IR)を約70%カットするIRカットガラスを新採用し、強い日差しの赤外線による肌のジリジリ感を抑制。紫外線(UV)を約99%カットする好評のスーパーUVカット断熱機能と併せて、快適なドライブをサポートする。

日産デイズ

エクステリアは、新デザインのクロームグリルを採用した「デイズ」、堂々とした存在感を主張するフロントフェイスを新たに採用した「デイズ ハイウェイスター」ともに、より精悍で上質感のあふれるデザインとした。

また、リアコンビネーションランプは全車新デザインのLEDシグネチャーランプとし、先進感と個性を引き立たせた。インテリアは、「デイズ」には新シート表皮を採用、「デイズ ハイウェイスター」には新たにメーカーオプションとして明るく高級感あふれるプレミアムコンビネーションインテリアを設定するなど、さらなる質感の向上を実現した。

ボディカラーには、オレンジのスカーレット、オーシャンブルー、アイスブルーをはじめ6色の新色を投入し、個性多彩な14色のボディカラーラインナップを取り揃えることで、色彩にこだわるユーザーの選択の幅を広げた。

日産デイズ

パワートレインでは、エンジンの摩擦抵抗を低減したほか、4WDとターボ車にはアイドリングストップ機能とバッテリーアシストを新たに採用することで、全車の燃費を向上させた。

これにより、4WDの自然吸気エンジン車と2WDのターボ車は自動車取得税が80%、自動車重量税が75%、軽自動車税が25%減税となり、4WDのターボ車は自動車取得税が60%、自動車重量税が50%、軽自動車税が25%減税となる。

また、「J」と「ターボ」を除く2WD車では自動車取得税が免税、自動車重量税が免税、軽自動車税が50%減税となる。その他すべてのグレードが減税措置を受けることができる。

日産デイズ

価格

日産 デイズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 デイズ の関連記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連記事をもっと見る

日産 デイズ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22