autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/5/28 18:27

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(3/5)

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート【郊外路編】

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の郊外路燃費測定中2

郊外路編では、主にハリアーハイブリッドとハリアー ガソリン車とのハンドリング、乗り心地の違いについてお伝えしよう。

ハンドリングに関する違いとしては、ハリアーハイブリッドはステアリングの重さがガソリン車より軽いことと、コーナーでステアリングを切った際にステアリングを通して感じる接地感が若干希薄に感じたことだ。

また、ハイブリッドもガソリン車と同じように同クラスのSUVに比べて若干ロールが大きいと感じることはあったが、特に気になるほどではなく、それ以外に特に不満に感じる点もないごく普通のレベルであった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/インパネ
トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/フロントシートトヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)/リアシート

乗り心地については、小さな凹凸での入力に対する吸収はガソリン車と同様に申し分ない。

だが、ガソリン車よりも重量増に対応するためスプリングなどが硬い方向になっているせいなのか、上下動に対する収まりは動きが少なくガソリン車より良いが、路面の大きな凹凸を通過する際にはガソリン車では感じなかった「ガツン」とくるショックと、ガソリン車と同じくドタバタ感が見受けられたのは残念であった。

乗り心地をトータルとしてみればガソリン車と同等のレベルであるが、いずれにせよ乗り心地がハリアーの車格やイメージに追いついていないことは同じであり、早急な改善を願いたい。

ハイブリッドシステムに関しては、郊外路のペースでもEV走行をする頻度がそれなりに多いことは高く評価できる。

しかし、EV走行を行うためには減速時の回生制動でバッテリーに電力を効率良く戻すことが重要になり、そのためにはメーター左側のハイブリッドインジケーターが回生を表すチャージ側に振り切れない程度の丁寧なブレーキ操作が必要となるが、ハリアーハイブリッドは車重の重さとバッテリーの性能が釣り合っていないのか、減速エネルギーを無駄なくバッテリーに戻すにはブレーキ操作に若干気を使わされるところもあった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の郊外路燃費は「19.5km/L」

郊外路での燃費は「19.5km/L」と、さすがハイブリッドと思える好数値を記録した。

やはり適度に加減速がある郊外路では、ハイブリッドの強みは大きいということだろう。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 郊外路における実燃費/19.5km/L

(参考)トヨタ 新型ハリアー ガソリンモデル 郊外路における実燃費/15.1km/L

トヨタ ハリアー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハリアー の関連記事

トヨタ ハリアーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハリアー の関連記事をもっと見る

トヨタ ハリアー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21