autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一 2ページ目

燃費レポート 2014/5/28 18:27

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一(2/5)

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート/永田恵一

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート【高速道路編】

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/圏央道にて

今回のハリアーハイブリッド 燃費レポートについては、前回レポートしたハリアー ガソリンモデルとの違いや差を中心にレポートしよう。

まず、動力性能は当然ながらハリアーハイブリッドの方がはっきりと「パワフル」だ。

高速道路の本線合流や追い越し加速では、大出力モーターを使うトヨタの2モーターハイブリッドならではの「グイグイとクルマを引っ張る」という言葉が相応しいフィーリングでスピードが上昇していく。

イメージとしては194psというシステム出力が示す通り、2.5リッター級のガソリン車と同等レベルだ。また、全開加速時でもエンジン音が軽やかな澄んだ音色であった点も好ましかった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費測定中/湾岸道路にて4

動力性能以外のガソリン車との違いとしては、レーダークルーズコントロールの完成度の高さと、直進時のステアリングフィールにやや難がある点が挙げられる。

ハリアー ガソリン車のレーダークルーズコントロールは体に感じるレベルの減速が多過ぎて不快感も覚えることがあったが、ハリアーハイブリッドのレーダークルーズコントロールは加速、減速の頻度、スムースさもまずまずでレーダークルーズコントロールに任せたドライブも快適であった。

ガソリン車と同じく30km/h程度で機能がキャンセルされる完全停止までは対応しないタイプなので、10万8,000円という価格は決して安いとは言えないが、イザという時の緊急ブレーキ機能まで考えれば選んでおくことを勧めたい。

直進時のステアリングフィールに関しては悪いというレベルではないが、ガソリン車に比べるとセンター(中立)付近の落ち着きが見劣りし、真っ直ぐ走るのに少し気を使う必要があった。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド(ELEGANCE)の高速道路燃費は「18.9km/L」

気になる燃費は「18.9km/L」とこのクラスのSUVとしては十分に優秀な数値であったが、ガソリン車の高速道路での燃費が「18.1km/L」であることを踏まえると、少々期待外れな感もある結果であった。

ガソリン車とハイブリッドの燃費が意外に変わらなかった要因は、今回テストに使ったELEGANCEの車重が1,770kgと、前回テストしたガソリン車のELEGANCEの1,580kgの車重に対して200kg近く重く、車重と空気抵抗が重要な要素となる高速道路での燃費では車重の重さが大きく響いたと考えられる。

トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 高速道路における実燃費/18.9km/L

(参考)トヨタ 新型ハリアー ガソリンモデル 高速道路における実燃費/18.1km/L

トヨタ ハリアー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハリアー の関連記事

トヨタ ハリアーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハリアー の関連記事をもっと見る

トヨタ ハリアー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23