autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 三菱「アウトランダー」の新型と旧型を比較してみた 2ページ目

特別企画 2015/9/11 17:45

三菱「アウトランダー」の新型と旧型を比較してみた(2/5)

三菱「アウトランダー」の新型と旧型を比較してみた

内装のデザイン&居住性

三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV

内装の基本デザインは旧型と同じだが、シート表皮や各部の装飾が見直されて質感を高めた。

シートは内部の構造に手を加えた。前席は旧型と同様に少し硬めの座り心地だが、体の沈み方が増してボリューム感を持たせている。

特に進化したのが後席だ。旧型は平板でサポート性が不足していたが、新型は柔軟とはいえないものの、違和感を払拭した。

居住空間は旧型と同じく広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。Lサイズのセダンと同等だ。

進化度数:4点/10点(比べてようやく気付くレベル)

三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 新型アウトランダーPHEV
三菱 旧型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV

動力性能

三菱 新型アウトランダーPHEV三菱 旧型アウトランダーPHEV三菱 新型アウトランダー三菱 旧型アウトランダー

ノーマルエンジンの動力性能にあまり変化はないが、PHEVは制御の仕方が変更された。 以前から駆動は主に前後のモーターが担当して、エンジンは発電機の役目を果たす。だからドライバーのアクセル操作に関係なくエンジンを回した方が効率は良いが、違和感が生じるからある程度は同期させている。

これが新型では静粛性が向上したから、エンジンノイズがドライバーに聞こえにくくなった。となればアクセル操作とエンジン回転を同期させる必要が少し薄れ、効率を優先させて燃費も向上できた。充電された電気を使い切ってハイブリッド状態で走ると、時々エンジンが勝手に回っていると感じるが、気になるほどではない。

静粛性の向上ではノーマルエンジンも注目される。以前は2500回転付近が若干耳障りに感じたが、新型では洗練された。PHEVも含めて全般的に静かになっている。

進化度数:3点/10点(比べてようやく気付くレベル)

[次のページに続く]

三菱 アウトランダーPHEV 関連ページ

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事

三菱 アウトランダーPHEVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダーPHEV の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダーPHEV の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24