autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子 2ページ目

試乗レポート 2013/10/7 20:26

メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子(2/2)

関連: メルセデス・ベンツ Sクラス Text: 飯田 裕子 Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ S63 AMG 海外試乗レポート/飯田裕子

全体的な底上げがされ、バランスがいい

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

ドライブフィールについて2モデルで共通して言えるのは、AMGだからとかハイパフォーマンスモデルだからと言って、ドライバーに過剰なアピールをしてくるような乗り心地やハンドリングのハードさは感じられなかったという点だ。

ボディや足回りの剛性の高さは言うまでもなく、ボディサイズそのものは物理的に感じられるとしても、それが犠牲にはならない。

ステアリングの操作フィールも軽くなく重すぎることもなく、タイトコーナーが続くような場面でタフな印象を抱き、しなやかな旋回や高速巡航が人知れず行える。これはAMG流の「Sクラス」なのだと好感が持てた。そして“C(Comfort)”、“S(Sports)”、“M(manual)”モードが選べる新開発のAMGスポーツエグゾーストシステムにより、“S”と“M”モードでは加速やシフトダウンのブリッピング時に、エキゾーストフラップが開き迫力のある“音”が、エモーショナルなドライブを演出してくれる。

要は走行パフォーマンスが高められているのはもちろんで、しかしそれは、全体的な底上げでありバランスがいいということ。さらに時々ドライバーや乗員の感性を刺激するドライブフィールを任意で選ぶことができる振り幅の広さが「S63 AMG」のスケール感につながっているのだ。

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

Sクラスらしさを強めた超Sクラス、“ド”S

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

FRと4MATIC(4WD)による違いは、FRにはマジックボディコントロールにAMGライドコントロールスポーツサスペンションが採用される一方、4MATICは新開発のAMG製のものにカーブダイナミックアシスト機能も介入する4ESPが採用されている点。

新開発のAMG 4MATICはAMGライドコントロールスポーツサスペンション(エアマチックサスペンション)と組み合わされており、前後の駆動トルク配分を33:67と後輪の駆動を重視。またコーナリング時にはカーブダイナミックアシストの介入もある。これは内側のホイールにわずかながらブレーキをかけ、コーナリング性能を高めるというもので、FR的なドライブフィールが得られるものの、フロントタイヤの駆動が安定感を強め、外に膨らみそうになるとブレーキをチョンチョンとつまんでクルマを内側に向けようとしてくれる。

このシステムは他のAMG 4MATIC系にも採用されているが、軽量が図られ専用サスを採用しているとは言え、とりわけ「Sクラス」のロングボディのコーナリングをコントロールするのには、やはり心強いアイテムだと思えた。が、これらによりグイグイと曲がるようなコーナリングが可能になっているという印象ではないことも追記しておきたい。

メルセデス・ベンツ S63 AMG

それでも、サーキットを走り込むつもりがあるなら別として、今回は雨の中での走行もあり、フロントタイヤの駆動力が頼もしくあってもジャマだと思ったことはなかった。

一方で素直なドライブフィールが味わえたのはFRの方だった。新開発のマジックボディコントロールベースのAMGスポーツサスを採用するこちらでは、「路面の凹凸を通過する際の乗り心地も、フラットでの乗り心地もドライビングパフォーマンスを損ねることはない」とうかがっていたのだが、明らかな違いを探索することはできなかった。

メルセデス・ベンツ S63 AMGメルセデス・ベンツ S63 AMG

逆の見方をすればそれくらい自然なライドフィールということになる。コーナーの手間、スポーツモードで走らせていれば、減速時にシフトダウンの度にブリッピングをし、迫力ある音と共に一連のコーナリングリズムをこのボディでも楽しめるという感覚と、このボディをスマートにコーナリングさせているという満足感が魅力なのではないか。

冒頭で「S63 AMG」は、よりエモーショナルに…と言ったけれど、それはバリバリのチューンが施されたイケイケのスポーティセダンだからというわけではない。「S63 AMG」はベースとなる「Sクラス」よりも少々押し出しと存在感を強めるデザインを上質な素材を用いて差別化を行い、走行パフォーマンスの高性能化が図られたモデル。メルセデスの気品を保ち威風堂々とした存在感を強めているのが「S63 AMG」だ。「Sクラス」らしさを強めた超Sクラス、“ド”Sを極めたければAMGモデルはストライクゾーンの“ド”真ん中にはまるかもしれない。

筆者: 飯田 裕子

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Sクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円