autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス エヴォーラ 試乗レポート

試乗レポート 2010/3/4 12:01

ロータス エヴォーラ 試乗レポート(1/3)

関連: ロータス エヴォーラ Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
ロータス エヴォーラ 試乗レポート

ロータス エスプリの後継「エヴォーラ」をFSWで試乗!

ロータス エヴォーラ

先日、ボクは今年参戦するスーパーGTのマシンテストのため「アストンマーチン V8ヴァンテージ GT2」のステアリングを握り、鈴鹿サーキットを走行していた。

シケインから最終コーナーを立ち上がり、第一コーナーを目指してどんどんシフトアップして加速する。素晴らしく晴れた日には、遥か彼方に輝きを放つ伊勢湾が視界に飛び込んでくる。その輝きに吸い込まれるかのように1台の低く小さなクルマが先行していた。

ボクのクルマのほうが、遥かに速いから見る見る迫ってゆく。そして、そのクルマがあの名車ロータス・ヨーロッパであることを確認し、強く感動した。そのとてつもなく低いフォルム。なんだか抜き去るのがもったいない。一緒に走ってもっと眺めていたい気分になった。

ロータス エヴォーラ

それから、何日も経たないやはり晴天の富士スピードウェイ。とはいっても、こちらは数日前に振った雪でコースサイドは雪化粧。そこには、エリーゼ以来13年振りとなるロータスのコンプリートニューモデル「エヴォーラ」がボクを待っていた。

ノーズからテールエンドまで緩むことなく、あのヨーロッパに通じるロータスらしい緊張感。エリーゼにはないデザインエッセンスが感じられる。それは、新しいユーザーに向けたロータスの情報発信なのか。いずれにしても、エスプリの時代に感じられた無機質なシャープさではなく、艶のある上品なデザイン。

エリーゼ比で275mm長くなったホイールベースがリヤセクションへのマッスル感あるデザインに貢献している。そして、ロータスらしいスピード感のあるシルエットだ。

ホイールベースの延長は、ミッドシップカーとしては世界で唯一の2+2シーターを実現するためにレイアウトされたものだ。

今回の試乗のメインはサーキット。ニューモデルの限界をしっかりと確かめたい。そして、コース周りの周回道路も走った。こちらは、一般道を走るスピードレベルだ。

ロータス エヴォーラロータス エヴォーラロータス エヴォーラロータス エヴォーラロータス エヴォーラ

ロータス エヴォーラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エヴォーラ の関連記事

ロータス エヴォーラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エヴォーラ の関連記事をもっと見る

ロータス エヴォーラ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20