autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 “2億8000万円”のスーパーカーが日本限定発売!既に2人が購入「ケーニグセグ アゲーラ RSR」

新型車リリース速報 2016/9/5 21:10

“2億8000万円”のスーパーカーが日本限定発売!既に2人が購入「ケーニグセグ アゲーラ RSR」

“2億8000万円”のスーパーカーが日本限定発売!既に2人が購入「ケーニグセグ アゲーラ RSR」

3台全てが日本で販売される「アゲーラ RSR」

スウェーデンの高級車メーカー「ケーニグセグ オートモーティブ」は、世界3台限定の新型モデル「アゲーラ RSR」を日本で初披露した。

ケーニグセグ アゲーラRSR
ケーニグセグ アゲーラRSR
ケーニグセグ オートモーティブ CEOのクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏

ケーニグセグ オートモーティブは、最高経営責任者(CEO)で創業者のクリスチャン・フォン・ケーニグセグによって1994年に設立。以来、同社では数々のハイパフォーマンスカーを世に送り出すことになる。

例えば2005年に同社が発売した「CCR」は、4.7リッターV8エンジンを搭載し最高出力806ps/最大トルク920Nmを発生。イタリアのナルドテストコースにて388km/hの圧倒的なスピードを記録したCCRは、世界最速の量産車としてギネスに登録。それまでマクラーレンF1が8年間に渡って保持してきた記録を塗り替えることとなる。

また、2011年から発売している「アゲーラ」はベースモデルの最高出力が940ps、さらに25台限定生産の「アゲーラRS」は最高出力が1160psにまで引き上げられるなど凄まじいまでのスペックを誇る。

ケーニグセグ アゲーラRSR

そして今回発表された「アゲーラ RSR」は、アゲーラRSをベースに特別なアップグレードを施した3台限定のスペシャルモデル。

エクステリアは、同社の「ONE:1」を彷彿とさせるルーフインテークや力強いデザインのリアスポイラーが特徴。スペックについても「アゲーラ」シリーズ中最強のエンジンを搭載しており、リッターあたり240psを超える驚愕のスペックを誇る。

ケーニグセグ アゲーラRSRケーニグセグ アゲーラRSRケーニグセグ アゲーラRSRケーニグセグ アゲーラRSRケーニグセグ アゲーラRSR
ケーニグセグ オートモーティブ CEOのクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏

ケーニグセグ オートモーティブ CEOのクリスチャン・フォン・ケーニグセグは、「私達は創業以来、日本を当社にとって極めて重要なマーケットと見なしています。アゲーラRSRを生産しデリバリーするにあたって、日本のカスタマーと仕事が出来たことは我々にとって大きな喜びでした。アゲーラ RSRの発表は、既に充分エクスクルーシブだった存在のRSシリーズに新たな魅力を加えてくれました」とコメントしている。

ケーニグセグ アゲーラRSR
ケーニグセグ アゲーラRSR

また、アゲーラ RSRの日本初公開に併せて、ケーニグセグの日本正規販売代理店となるケーニグセグ・ジャパンの設立も同時に発表された。

ケーニグセグ・ジャパンは過去にも2005年に設立されたことがあったが、2008年のリーマンショックの影響により同社の経営見直しにより、日本から撤退。そのため、今回は二度目の設立となる。

アゲーラ RSRは、3台全てをケーニグセグ・ジャパンが日本で販売。既に2台は日本人へ売約済みとなっているが、現時点で最後の1台は購入可能という。価格については、為替などを考慮した参考価格として2億8000万円から。

ケーニグセグ・ジャパンでは今後、日本初となるケーニグセグ専用ショールームの設置や、販売・メンテナンスなどが積極的に行える体制作りなどを計画しているという。

また、ケーニグセグが今後販売を予定している1500psのプラグインハイブリッドカー「レゲーラ」についても、世界80台限定ながらケーニグセグ・ジャパンでも仕入れ・販売して行く方向で動いているという。

「ケーニグセグ アゲーラ RSR」主なスペック

ケーニグセグ アゲーラRSR

エンジン:ツインターボ付きケーニグセグ製アルミニウム5.0L DOHC32バルブV8

トランスミッション:オートモード付き7速パドルシフト/ケーニグセグ電子制御デフ(KED)/ケーニグセグギアボックスコントロールモジュール(KGCM)

最高出力:865kW(1160bhp)/7800rpm(ガソリン燃料時)

最大トルク:1280Nm/4100rpm

全長×全幅×全高:4,293mm×2,050mm×1,120mm

ホイールベース:2,662mm

低速走行時の地上高:105mm

トラックモードでの地上高:85mm

フロントリフティングシステム作動時:150mm

乾燥重量:1295kg(車両重量:1395kg)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!