ホンダ ジェイド ハイブリッドシステム「i-DCD」は熟成が進んだ

記事・レポート 新車情報 試乗レポート ハイブリッドシステム「i-DCD」は熟成が進んだ

ホンダ JADE HYBRID(ジェイド ハイブリッド) 試乗レポート/国沢光宏 (2/3)

ホンダ ジェイド 車種情報

Text :
Photo:
和田清志
ハイブリッドシステム「i-DCD」は熟成が進んだ

サードシートの使い勝手にウナる

ということで292万円のジェイド、ジェイド HYBRID Xである。

「シビック」(日本未発売)がベースということもあり、運転席+助手席は普通の広さを持つ。

2列目シートをチェックすると、ジェイド最大のセールスポイントになっている「V字スライド」の、キャプテン風シート。

後ろに下げてレッグスペース確保すると、隣の人とくっつく。

3列目シートはいろんな意味で驚きの連続だ。

まぁ百聞は一見にしかずというけれど、実車みたらウナると思う。狭いだけでなく床が極端に高いため、いわゆる体育館座りになってしまう。つま先の入れ場所も穴蔵のような感じ。何より頭をハッチドアの隙間に入れなくちゃならない(しかもガラスルーフに当たっている)。厳しいです!

ハイブリッドシステム「i-DCD」も熟成が進んだ印象

乗るとどうか?

普通に走っている限り文句無し。乗り心地良く、騒音振動レベル良好。初期トラブルも出たツインクラッチトランスミッションを使用する ハイブリッドシステム「i-DCD」 も熟成されてきた。滑らかです。

とは言え残念なことに追い越し加速が極端に悪い。巡航状態からアクセル全開にしても、2秒以上加速始まらず。この辺りはフィット ハイブリッドと共通する問題点だ。

[ジェイド最大の魅力とは・・・次ページへ続く]

  1. Page1 ホンダ JADE HYBRID(ジェイド ハイブリッド) 試乗レポート/国沢光宏
  2. Page2 ハイブリッドシステム「i-DCD」は熟成が進んだ
  3. Page3 安全装備「ホンダ センシング」はライバルに対し大きなアドバンテージ

ホンダ ジェイド 関連ページ