autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 4シリーズグランクーペ 海外試乗レポート /石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2014/6/6 19:02

BMW 4シリーズグランクーペ 海外試乗レポート /石川真禧照(2/2)

BMW 4シリーズグランクーペ 海外試乗レポート /石川真禧照

4気筒2リッターターボに試乗

BMW 428iグランクーペ - Mスポーツパッケージ
BMW 428iグランクーペ - MスポーツパッケージBMW 428iグランクーペ - Mスポーツパッケージ

6月21日の日本国内での販売開始を前に、スペインで行われたプレス試乗会に参加し、ハンドルを握ってきた。

試乗したのは「4シリーズグランクーペ 428i」。4気筒2リッターターボ245psエンジンと8速ATを組み合わせている。2ドアクーペと同じボディスペックだが、ドア幅が狭いのでフロントの乗降性が良い。室内もフロントウインドの傾斜は2ドアと同じだが、圧迫感はない。さらに、リアシートは着座位置は高めだが、足元も狭くはない。背もたれの角度はクーペよりも立っているので座りやすい。身長165cmまでなら十分に実用になる。

リアシートは背もたれが2:1:2に分割、前倒しできる。この状態だと容量は1300リットルになる。ちなみに3シリーズGTは1500リットルだ。リアエンドのドアはルーフまで大きく開くハッチゲート。このゲートはバンパー下につま先を入れるとセンサーが反応し、自動的に開くオートマチック・テールゲート・オペレーションを装備している。ゲートの開口部は地面から670mm。これはGTよりも30mm近く低い。

スタイリッシュで実用性が高い

自動車評論家の石川真禧照さんBMW 428iグランクーペ - Mスポーツパッケージ

走り出して気が付くのは、走りの重厚感と軽快感。

4シリーズの2ドアクーペよりも約80kg重いのだが、0~100km/hを7秒台で走り抜けた。これは2ドアとほぼ同じタイムだ。ハンドリングもアダプティブサスを装着していないモデルでも、セダンよりも硬めのサスは、コーナーでもよく踏ん張ってくれる。

試乗中は晴れ、雨、スコールと路面状態がくるくる変わる状況だったが、スコールの高速道路でも直進性は安定していた。3のGTはリアに可変スポイラーが付いている。しかし、4シリーズグランクーペにはない。その理由をデザイナーに聞くと「このボディにスポイラーは必要ない。空力がとてもいいんだ。」というこたえが帰ってきた。

車両本体価格は3のGTよりも約20万円ほど高いが、スタイリッシュで実用性の高い4シリーズグランクーペはこのクラスの新しい魅力を感じる。日本でも人気モデルになりそうな予感がする。

BMW 428iグランクーペ - MスポーツパッケージBMW 428iグランクーペ - MスポーツパッケージBMW 428iグランクーペ - MスポーツパッケージBMW 428iグランクーペ - MスポーツパッケージBMW 428iグランクーペ - Mスポーツパッケージ

BMW 4シリーズクーペ 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

BMW 5シリーズグランツーリスモ 関連ページ

BMW 4シリーズグランクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 4シリーズクーペ の関連記事

BMW 4シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 4シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 4シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28