電車が通らない時間帯の踏切一時停止の意味は?

電車が通らない時間帯の踏切一時停止の意味は?
画像ギャラリーはこちら

電車が通らない時間帯の踏切一時停止の意味は?

昔から気になっていたのですが、終電後の確実に電車が通らない時間帯でも、踏切では一時停止が原則みたいですが、これってなぜなんですか?

意味がようわかりません(マツダデラックスさん)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

踏切の一時停止義務について、マツダデラックスさん同様、「遮断機がついてるのに、意味がわからない」と感じる人は多いと思います。私の息子も、最近免許を取ったのですが、同じことを言ってました。

なので私はこう答えました。

「そう思う気持ちはわかるが、日本では、踏切の先が渋滞していることがしょっちゅうある。無警戒に踏切に進入して、もし踏切内に閉じ込められてしまったら、電車と衝突してとてつもない事故になる。そりゃもうクルマ対クルマの事故なんてもんじゃない。電車が脱線転覆でもしたら大惨事になる。絶対に踏切では一時停止して、踏切の先に自分の入るスペースがあるのを確認しなさい」

あ、スイマセン。マツダデラックスさんの質問は、終電後の電車が通らない時間帯の話でしたね。

実は終電後も、電車は走ります。それは保線車両です。なぜ電車は終夜運転できないかというと、毎日保線をする必要がある、というのが大きな理由なんですよ。なので、終電後でも、絶対電車が来ないということはないんです。

というのはどちらかというと建前で、終電後・始発前であるかどうかは、路線によって時間帯がまちまちですよね?終電後は一時停止しなくていいことにしたとして、それが実は終電前だったり始発後だったりしたらマズイ。そういうことだと思います。

実は海外では、踏切での一時停止義務はほとんどありません。これは日本だけの規則だと言ってもいいくらいです。

なので、海外で運転する場合は、「踏切で一時停止すると、追突されるリスクが高まる」ということも、肝に銘じておく必要があります。日本人はつい習慣で、一時停止してしまいますから。それは海外では、「コイツ、なにやってんだ?」という行為なのです。

なぜ海外では踏切の一時停止義務がなく、日本ではあるのか?その理由を正確に追究することはできなかったんですが、少なくとも、日本では踏切の先が渋滞していることがよくある。私が住んでいる杉並区の井の頭線沿線では日常茶飯事です。

しかし海外では、まったく見たことありません。踏切があるのはたいてい郊外部で、渋滞するような場所で踏切に出くわしたことは一度もないです。

よって私は、日本は地理的な特殊事情により、踏切の一時停止義務が必要だと感じます。これがなくなったら、今より踏切事故が増加することは間違いないでしょう。

もちろん、一時停止義務によって、踏切渋滞が悪化しているのも事実ですが、日本では、新規の踏切設置は基本的に認可されません。大都市部を中心に立体交差事業も推進されていて、開かずの踏切を解消しようと努めてます。

がんばってはいるわけです。ただ、地方ではあまり進んでいませんし、今後も「踏切の先が渋滞」というケースは消えないでしょう。

いろいろな状況を考えると、日本ではまだまだ「踏切の一時停止義務」は必要だと私は思います。

MJブロンディの「ひとりごと」

東京の環状7号線と東急世田谷線が交差する「若林踏切」は、一時停止義務がありません。

これは、踏切の代わりに信号が設置されているからです。電車もクルマも、信号に従って進行します。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 銘石の宿かげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる