【故障】アクセル・ブレーキの故障時の対処法は?

【故障】アクセル・ブレーキの故障時の対処法は?
アクセル・ブレーキイメージ 画像ギャラリーはこちら

【故障】アクセル・ブレーキの故障時の対処法は?

アクセル・ブレーキイメージ

前回の(リコールになったプリウスは大丈夫なの?)の続きですが、「トヨタ車は心配ない、それより運転に気をつけろ」なんて言われても、もしアクセルが戻らなくなったり、ブレーキが効かなくなったりしたらどうするんだ!とお怒りの方に、対処法をお示ししましょう。

まずアクセルペダルがフロアマットに引っかかったりして戻らなくなった場合ですが、オートマチック車の場合は、ギアを「N(ニュートラル)」に入れてください。マニュアル車ならクラッチを切りましょう。

これだけでもうクルマの加速は完全に遮断され、惰性だけになります。この時ブレーキは、アクセルが戻らなくなっている影響で倍力装置が弱まり、非常に効きづらくなっている可能性がありますが、思い切り踏み込めば必ず効きます。

全身の力を右足に込めて踏み込んでください。ブレーキが一瞬効かなくなった時も同様。さらにブレーキを思い切り踏み込みましょう。ギアを落としてエンジンブレーキをかけるのも有効です。

それでもダメなら、サイドブレーキを引きましょう。それでもダメで、まだ何かやる精神的余裕があったら、オートマチックのギアをパーキングにブチ込みましょう。

ミッションはブチ壊れますが、駆動輪(FF車は前輪、FR車は後輪)がロックされ、思い切り急ブレーキがかかります。マニュアル車の場合は、2速や1速にブチ込んでクラッチをつなぎます(こっちはエンジンがブチ壊れます)。

ここまでやると、クルマの姿勢はかなりハチャメチャな状態になっているかと思いますが、とにかくスピードを落とすことが、身を守るための最大の防御策です。

最後はガードレール等に車体をこすりつけて、摩擦でスピードを落としましょう。

MJブロンディの「ひとりごと」

私はかつてマセラティで、アクセルペダルが硬化したフロアマットにひっかかって一瞬戻ってこなくなった経験があります。

かなり飛ばしていたのでヒヤリとしましたが、こういう時は慌てるのが一番いけません。すぐにクラッチを切り、つま先をアクセルペダルの内側にネジ込んでムリヤリ戻しました。

また、サーキット走行中にブレーキホースが破れ、ブレーキの効きがほぼなくなったこともありました。この時は猛烈にビビりましたが、エンジンブレーキでなんとか減速し、サイドブレーキを併用しながらピットに戻りました。

自動車評論家、清水草一に聞きたいことを教えてください!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)さんが、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。今回は、みなさんが何を聞きたいかアンケートを実施いたしますので、皆さんドシドシご応募下さい!

募集期間:2010年2月23日(火)まで

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

上記URL、もしくは

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】

からも投稿頂くことができます。

※投稿には「マイページ会員の登録」が必要になります。また、携帯などモバイルからは投稿頂けませんので、予めご了承下さい。

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
清水 草一
筆者清水 草一

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。代表作『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高はなぜ渋滞するのか!?』などの著作で交通ジャーナリストとしても活動中。雑誌連載多数。日本文芸家協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる