autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 全てが新しく生まれ変わったボルボ XC60は世界最高水準のSUVへと進化を遂げた

試乗レポート 2017/5/29 21:31

全てが新しく生まれ変わったボルボ XC60は世界最高水準のSUVへと進化を遂げた

関連: ボルボ XC60 Text: 国沢 光宏 Photo: ボルボ カー ジャパン
全てが新しく生まれ変わったボルボ XC60は世界最高水準のSUVへと進化を遂げた

新世代ボルボの大本命、現る!

今春のスイス・ジュネーブショー2017で世界初公開されたボルボの最新SUV、9年ぶりにフルモデルチェンジした2代目「XC60」に早くも試乗することが叶った。90シリーズに続き、新プラットフォーム「SPA」(スケラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を採用するなど、ボルボが全ていちから新設計した最新鋭モデルだ。スペイン・バルセロナで行われた国際試乗会に参加してきたのは、自動車評論家の国沢光宏さん。なんと「購入を真剣に考えている」とまで惚れ込んだというから只事ではない! かの”辛口評論家”にそこまで言わせてしまう新型XC60の凄さとは。速報レポートをお届けする。

>>[画像55枚]VOLVO ALL NEW XC60 フォトギャラリー

あの国沢光宏も思わず「欲しい」と呟いた・・・

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

今や、ボディサイズや国産車&輸入車問わず、SUVが人気である。軽自動車、エコカー、ミニバン、SUVで全販売台数の90%程度を占めるほど。

そんな状況の中、世界で最も優れた安全装備を持つ新型ボルボXC60が今年の秋にも日本へ入ってくるという。早くも国際試乗会がスペイン・バルセロナで行われたので乗って来ました。

結論から書くと「購入を真剣に考え始めました」。次のマイカー候補筆頭に挙げようと思う。

世界に誇るボルボの先進安全技術”インテリセーフ”がもっと安全に

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

今やクルマ選びには「安全装備」が大きなウエイトを占める。うっかりミスは誰にでもあるし、そういった時にクルマがドライバーをカバーしてくれたら嬉しい。フルモデルチェンジしたボルボの新型XC60には、数多くの「安心」があります。

そもそもSUVで多重の事故防止システムを装備しているモデルは少ない。例えば、輸入SUVで人気のポルシェ マカンを見ても、安全装備で絶望的。アウディもBMWもメルセデス・ベンツも、SUVの自動ブレーキ性能についちゃ心許ないらしく、詳しい性能を公表しておらず。

従って新型XC60の先進安全事故防止システム”インテリセーフ”は、輸入SUVでダントツだ。

国産SUVを含めて考えてみても、自動ブレーキに関してはマツダの新型CX-5が新型XC60と”ほぼ”同じイスラエルのモービルアイ社のカメラを使うため同等ながら、以下で紹介する新しい世代の予防安全システムまで含めて考えたら、総合評価で届いていない。あとは、次期型スバル フォレスターがどこまで頑張るか。

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

衝突を回避する機能がまたもさらに進化を遂げていた!

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

元々世界トップレベルの安全性能を誇るボルボだが、新型XC60でさらに追加された新しい安全システムは主に二つ。

まず、居眠りや脇見などで対向車線に逸脱して衝突しそうになったケース。その際に、新しいXC60では自動的にハンドルを切って自分の車線に戻ってくる(オンカミング・レーン・ミティゲーション:正面衝突回避支援機能)。

さらに「高速道路など斜め後方に車両が居る状況でハンドル切っても、ハンドル制御を行って車線変更に抵抗する機能」(BLIS:ブラインドスポット・インフォメーション・システムの新機能「ステアリングアシスト」)を加えた。

かくして、前方で発生した危機は昼夜問わず自動ブレーキ”シティセーフティ”やステアリングアシストなどで対応。車線変更時の危機も、警告灯だけで無く物理的にカバー。さらに後進時に左右から走ってくる車両や自転車も知らせてくれる。ほぼ全周の危険に対応していると言ってよかろう。正しく「事故を起こしたくない人」向けのクルマだと思う。

乗ってもやっぱりステキだった新型XC60

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

もちろん、ただ安全なだけならクルマとしての魅力などない。けれど新型XC60は乗ってもステキである。

なにより足回りが良いと感心しきり。ボルボの新世代プラットフォーム「SPA」(スケラブル・プロダクト・アーキテクチャー)を用いたモデルは新型XC90、V90・S90・V90クロスカントリーに次ぐ5車種目ということで、一段と洗練された。

驚くべきはライバルが存在しないほど乗り心地が良いこと。

試乗車は大径の20インチタイヤを履いていたが(欧州だと17インチ仕様からある)、SUVどころか乗用車と比べたって勝るとも劣らず。優れたボディ剛性を持たせた上で、良質のダンパーを組み合わせているんだと思う。アウディQ5やBMWのX3やX5と乗り比べたら笑っちゃうくらい、新型XC60の乗り心地は良い。強いて言えば、ポルシェ マカンのみ「スポーティなのでこういった味付けもありますね」と納得する足回りを持つが、前述の通りあまりにプアな予防安全装備で候補に挙がらない。レクサス RXと比べても、乗り心地の上質感で相手にならないです。レクサス RXの乗り心地の悪さときたら、笑えるほど。

気になる日本導入開始は2017年秋頃か

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

エンジンラインアップも文句なし。燃費を重視するならディーゼル(日本に入ってくるのは現行モデルと同じ190馬力のD4になるらしい)。動力性能を必要とする人には254馬力の「T5」と、320馬力を発生するツインチャージャーの「T6」が入ってくる模様。新型XC60は全て2000ccの「Drive-E」パワートレインなため、自動車税額が嬉しい。

そうそう。デザインも新しい世代になり、存在感あって好ましいと思う(詳しくはフォトギャラリーを見て頂きたい)。

日本での販売時期は今秋。おそらく東京モーターショー2017会場で実車公開ということになると思う。

気になる価格だけれど、現行モデルより装備向上分高くなる程度らしい。大幅値上げしないといいね、と思う。

[レポート:国沢光宏/Photo:ボルボ カー ジャパン]

>>VOLVO ALL NEW XC60 フォトギャラリー[画像55枚]

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

VOLVO ALL NEW XC60 T6 AWD 主要諸元(スペック)

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏

全長×全幅×全高:4688×1902×1658mm/ホイールベース:2865mm/エンジン種類:「Drive-E」直列4気筒インタークーラー付ターボチャージャー&スーパーチャージャー DOHC 16V ガソリン直噴エンジン/総排気量:1968cc/最高出力:320ps(235kW)/5700rpm/最大トルク:40.8kg-m(400N・m)/2200-5400rpm/トランスミッション:ギアトロニック 8速オートマチックトランスミッション

ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏ボルボ 新型XC60 海外試乗レポート/国沢光宏
筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ XC60 の関連編集記事

ボルボ XC60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC60 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ XC60 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR