MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ 限定スポーツモデル「S60 ポールスター」「V40 R-DESIGN カーボン・エディション」 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2015/11/27 20:26

ボルボ 限定スポーツモデル「S60 ポールスター」「V40 R-DESIGN カーボン・エディション」 試乗レポート(3/4)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V40 , ボルボ V60 Text: 嶋田 智之 Photo: 阿部昌也
ボルボ 限定スポーツモデル「S60 ポールスター」「V40 R-DESIGN カーボン・エディション」 試乗レポート

昨年に続きスペシャルなコンプリートモデル「ポールスター」が再登場

ボルボ S60 ポールスター/V40 R-DESIGN カーボン・エディション 試乗レポート/嶋田智之

もう1台のS60ポールスターは、その名のとおり、ポールスターのコンプリートモデル。昨年、日本ではS60が30台、V60が60台のみ販売された同名のモデルの2016年モデルだ。今回も台数は限定で、S60が10台、V60が40台となる。

基本的には2015年モデルとホイール以外は同一なのだけど、あらためてS60ポールスターを見てみると、あらゆるところに手が加えられていることに驚かされる。

ベースとなったのは、ボルボ最後のストレート6エンジン搭載車であるT6 AWDで、そのパワーユニットは標準仕様と異なるボルグワーナー製のターボチャージャーや専用インタークーラー、専用エキゾーストシステムなどで304ps/44.9kgmから350ps/51.0kgmまでチューンナップされている。そして電子制御式のAWDシステムや6速オートマティックのトランスミッションのセッティングも変更されている。

エンジンから足・ボディ周りに至るまであらゆるところに手が加わった本格派

ボルボ S60 ポールスター/V40 R-DESIGN カーボン・エディション 試乗レポート/嶋田智之

サスペンション周りでは、ショックアブソーバーが任意に30段階に調整できるオーリンズ製、S60 R-DESIGNを較べてレートが80%固められたスプリング、同じく15%強化されたスタビライザー、カーボンファイバーで作られたストラットバー。ブレーキはブレンボ製の6ピストン、専用のブレーキブースターとマスターシリンダー、そして同じく専用セッティングのESCとABSなどで強化されている。

ボディ周りも同様で、フロントのスプリッターやリアのスポイラー、ディフューザーなど、空力パーツも専用開発品となる。このポールスター仕様を作るにあたって実に240以上の専用パーツを採用してるというのだから恐れ入る。

ド迫力な高性能ぶりだが、どこかボルボらしい大人っぽさがある

ボルボ S60 ポールスター/V40 R-DESIGN カーボン・エディション 試乗レポート/嶋田智之ボルボ S60 ポールスター/V40 R-DESIGN カーボン・エディション 試乗レポート/嶋田智之

そこまでキッチリと手が入ってるのだから、S60ポールスター、さすがに速い。

エンジンのトルクは比較的低い回転域から立ち上がり、力強くグイグイと加速していく。低回転域で静かに走っているときには豊かなトルクで悠々と走り、サウンドも控えめだが、4000回転近くから上ではなかなか迫力のある音色でドライバーの気持ちをくすぐってくれ、トップエンドといえる5500回転辺りまで結構迫力のある加速を楽しませてくれる。

といって、その性格は途中でドカンと弾けるようなタイプではなく、滑らかな回転感を伴って自然にパワーを引き出していくような大人っぽく上品な感じ。そこが何だかとてもボルボらしいな、と思わされた。

シャシーから受ける印象もとてもよく似ていて、エンジンの性格にとてもマッチングがいいように感じられる。かなり締め上げられてるから固いことは固いのだが、変な突き上げみたいなものは感じられないし、シートがホールド性も良好でありながら肉厚で座り心地がいいこともあって、乗り味は想像していたより快適。それでいて、素直に気持ちよく曲がってくれるのだ。

[ポールスターならではのトータルチューニング・・・次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ S60 の関連編集記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR