新型「ノア」のエアロと新型「ヴォクシー」のエアロ、違いはアクの強さ!? 好みがわかれるコワモテ系2台を写真で比較

画像ギャラリーはこちら
2022年1月13日(木)にフルモデルチェンジを果たしたトヨタのMクラスミニバン「ノア」と「ヴォクシー」。4代目となる新型は、ノアに先代同様にエアロボディとノーマルボディという2タイプの形態を用意し、さらにヴォクシーについてはエアロボディのみを設定する。前回はノアの2タイプを比較したが、今回はノアのエアロボディとヴォクシーのエアロボディを比較。その違いはどこにあるのだろうか。写真と共に比較してみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノアはエアロとノーマルの2タイプを用意、さらにエアロの別モデルとして新型「ヴォクシー」も用意
  2. トヨタの販売4チャンネルが統合され、急激に姿を消したトヨタの兄弟車
  3. ヴォクシーも統廃合の影響を受け、先代のモデル末期にエアロボディのみのラインナップに
  4. エッジの立ったヴォクシーと王道のノア! アナタの好みはどっち!?

新型ノアはエアロとノーマルの2タイプを用意、さらにエアロの別モデルとして新型「ヴォクシー」も用意

2022年1月に8年ぶりのフルモデルチェンジを実施したトヨタ 新型ノアは、ノーマルボディとエアロボディの2タイプが用意される。共に外観デザイン上の質感がグッと高められたうえで、迫力や押し出し感を増したエアロボディと、フロント部をボディ同色としたことで穏やかな印象を与えるノーマルボディで明確な差別化も図られている点が秀逸だ。

そして、同じエアロボディでもうひとつ用意されたのが新型ヴォクシーだ。あえて別ブランドとして兄弟車を設定したからには、それ相応の差別化が図られているということである。

今回は新型ノアのエアロボディと、新型ヴォクシーのエアロボディについて、外観のデザインを比較してみよう。

トヨタの販売4チャンネルが統合され、急激に姿を消したトヨタの兄弟車

トヨタは2020年5月、これまで4つあった販売チャンネル制度を廃止し、全店舗で全ての車種が扱える大改革を実施した。

トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店と、各販売チャンネルの特性・客層に合わせて数々用意されていた兄弟車も、この改革に合わせ整理が行われている。例えば高級ミニバンのアルファード(トヨペット店扱い)と、兄弟車のヴェルファイア(ネッツ店扱い)の場合には、2020年5月の一部改良時、ヴェルファイアを特別仕様車の1グレードのみ残し、他グレードを全廃するという大胆なリストラ策に出た。

同様に先代(3代目)ノア(カローラ店扱い)とヴォクシー(ネッツ店扱い)も、2020年5月の一部改良時にヴォクシーのノーマルボディ車を廃止して、エアロボディ専売モデルとした。この体系を新型ノア/ヴォクシーでもそのまま受け継いでいる。

ヴォクシーも統廃合の影響を受け、先代のモデル末期にエアロボディのみのラインナップに

非常に個性的なマスクを持つ新型ヴォクシー。トヨタの開発者に伺ったところ、ノアやライバル車のミニバンに物足りなさを感じる若いユーザーや、個性を求めるユーザーに対し訴求するのが新型ヴォクシーの役目だという。

そのため、あえて個性的なグラフィック処理が目に飛び込むフロントマスクを与え、エッジの立ったデザインでまとめられた。

エッジの立ったヴォクシーと王道のノア! アナタの好みはどっち!?

新型ヴォクシーを見た後で改めて新型ノアのエアロボディを見返してみると、こちらもアグレッシブなデザインという点では変わりない。しかしヴォクシーのようなアクの強さはなく、王道ど真ん中のTHEミニバン! という風情がある。またやたらとメッキギラギラという訳でもなく、随所にモダンなデザイン処理も行われていて、なかなか新鮮なデザインだ。

今回はトヨタの新型ミニバン「ノア」のエアロボディと「ヴォクシー」のエアロボディの外観を写真と共に比較してみた。王道スタイルのモダンな新型ノア。そしてエッジの立ったスタイリッシュな新型ヴォクシー。アナタの好みはどちらだろうか。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・TOYOTA]

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
22万円4,670.9万円
トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
28.8万円545万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 湯元長座

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる