新型ノア/ヴォクシーは「ハコ」感がより強調されたデザイン! キャラクターを特徴づける外装の違いを解説

画像ギャラリーはこちら
2022年1月13日(木)に発売された4代目となるトヨタ 新型ノア/ヴォクシー。優れたパッケージングと使い勝手を一層高めた新型モデルだが、特徴的なのは車内スペースを広く活用でき、多人数乗車も可能であること、荷物を多く積み込むことができる「ハコ」感がより強調された外装だ。さらに新型ノア/ヴォクシー各モデルの個性を強調する3つのフロントマスクの違いについても、併せて紹介したい。
目次[開く][閉じる]
  1. 歴代モデルで培ってきた力強い「ハコ」らしさをさらに強調!
  2. 新型ノアは先代のグリルデザインを継承しつつも押し出し感の強いインパクトのある顔つきに
  3. 新型ヴォクシーはより迫力のある個性的なフロントデザインだ

歴代モデルで培ってきた力強い「ハコ」らしさをさらに強調!

新型ノア/ヴォクシーは歴代モデルで追求した室内空間の最大化によって多積載や多人数乗車ができるなど力強い「ハコ」らしさをさらに進化した。「堂々・躍動的な力強いハコ」スタイルを追求し、ドライバーの安心と所有する喜びを提供する。

新型ノア/ヴォクシーのボディサイズは、標準ボディ、エアロボディともに全長4695mm×全幅1730mm×全高1895mm(4WDは1925mm)。先代モデルの標準タイプは5ナンバーサイズだったが、新型では全幅が拡幅されたことで3ナンバーとなっている。

しかし、サイズ自体は先代と大きく変わっておらず、乗り換えを検討するユーザーならそれほどサイズに戸惑うことはないだろう。

新型ノアは先代のグリルデザインを継承しつつも押し出し感の強いインパクトのある顔つきに

そんな新型ノアとヴォクシーだが、それぞれの個性を主張するデザインになっている。

新型ノアはシンプルながらも細部まで作り込み、上質でロングラスティングなスタイルを追求した。フロントは面勝ちのグリルやキレのあるライトデザインで堂々としたインパクトのあるスタイルとした。

新型ノアに設定される5種類のグレードのうち上級グレードに当たる「S-Z」と「S-G」はエアロモデルでメッキグリルにより華やかで押し出し感を演出したフロントとワイド&ロースタンスのリヤがアグレッシブさを演出する。

新型ヴォクシーはより迫力のある個性的なフロントデザインだ

一方、新型ヴォクシーのフロントは薄型アッパー部と分厚くスクエアなロア部の組み合わせでコントラストの強い立体構成と個性的なグラフィックとなっている。フロントとリヤに用意されるライトは夜でも存在感を強調する特徴的なデザインを施した。三菱 デリカD:5を彷彿とさせるインパクトのあるデザインだ。

ボディカラーは新色を含む全6色展開となる

ボディカラーは新色として上質なブラックのグリッターブラックガラスフレークと、ダークで重厚感のあるマッシブグレーを設定。

ほかにも定番のホワイトクリスタルシャインをはじめ新型ノアは全5色(S-ZとS-Gは全6色)、新型ヴォクシーはS-GとS-Zのみのグレード構成となり、先述したグリッターブラックガラスフレーク、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン、アティチュードブラックマイカの黒系3色を含む全6色を用意する。

ボディカラーも相まってより大人っぽく大胆なデザインに進化した新型ノア/ヴォクシー。今後の販売動向から目が離せない!

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
18.8万円464万円
トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
22万円2,215.7万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 箱根吟遊

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる