一足先に登場したステップワゴンはACCも強化! ライバルの新型ノア/ヴォクシーには先進安全装備の拡充を期待したい

  • 筆者: 青山 尚暉
  • カメラマン:島村 栄二/ホンダ
画像ギャラリーはこちら
2022年1月7日(金)、ホンダ 新型ステップワゴンがYouTubeにてオンラインジャパンプレミアを行った。ごく一部の公開でしかなかったものの、それは、1月中には先行して4代目に進化するトヨタ ノア&ヴォクシーに対するフックとも言える。

ここでは、新型ステップワゴンの今分かっている限りの情報を元に、トヨタの3代目(間もなく先代)ノア&ヴォクシーと何が違うのかについて、説明したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 走りの質感では先代ステップワゴンが優位だった
  2. ノア&ヴォクシーは先進運転支援機能でセレナやステップワゴンに遅れを取っている
  3. 新型ノア&ヴォクシーはアルヴェルに匹敵する快適性や安全性が欲しい

走りの質感では先代ステップワゴンが優位だった

ステップワゴンの先代=5代目は、走り、ラゲッジルームの使い勝手、そして先進運転支援機能=ホンダセンシングにおいて、3代目ノア&ヴォクシーをリードしていたと思っている。これまで何度もステップワゴン、ノア&ヴォクシー、日産 セレナの比較試乗を行ってきたが、HVモデル同士の試乗では、やはり走りの質感、スムーズさなどで、ステップワゴンが優位であった。

また、ラゲッジルームの使い勝手については、賛否両論あるものの(結果として6代目ステップワゴンに不採用の)、荷物の積載だけでなく、人やペットも乗り降りできるわくわくゲートのサブドアは、それなりに便利で楽しいものであった。

車体後部を壁やクルマにギリギリに止めた際、バックドアを開けやすかったのは横開きで4段階に開けられる横開きのサブドアを持つステップワゴンとガラスハッチを備えたセレナである。

大きくハネ開け上げるだけのバックドアしか持たないノア&ヴォクシーは車体後部に約1mのスペースがないと、荷物を取り出しにくかったというわけだ。

ノア&ヴォクシーは先進運転支援機能でセレナやステップワゴンに遅れを取っている

先進運転支援機能についても、ノア&ヴォクシーは大きく遅れていた。それはプロパイロットを用意するセレナだけでなく、旧タイプとはいえACCを含むホンダセンシングを装備するステップワゴンに対しても、である。

なにしろノア&ヴォクシーはACC未装備。高速走行で有用なクルーズコントロール機能に絞れば、ただ一定走行するだけのクルコン機能だったのである(もちろん足踏み式サイドブレーキでオートブレーキホールド機能などなし)。この点については、新型ノア&ヴォクシーは最新のトヨタセーフティセンスを搭載してくるはずで、電子パーキングブレーキとついに渋滞追従機能付きACCを備えた新型ステップワゴンと同等になるはずであり、大いに期待したいところ。

とはいえ、2021年11月の国産乗用車販売台数ランキングでMクラスボックス型ミニバンの最上位につけているのはヴォクシー。3代目は2017年7月のマイナーチェンジにおいてトヨタ アルファード&ヴェルファイアに迫る顔つきが与えられ、走り、静粛性などの面でも大きく進化(ノア&ヴォクシーとして)。

それに加え、5代目までのステップワゴンになかった7人乗りの2列目席キャプテンシートがアルファードやトヨタ エスティマ並みにロングスライドするだけでなく、左右にもスライドする機能を持ち合わせていた点は、ファミリーミニバンとしての商品性、使い勝手の面で、同機能を持つセレナとともに、2列目キャプテンシートの左右スライドができなかったステップワゴンを大きくリード(新型では可能になった)。

とくに子育て世代では、2列目席キャプテンシートでもベンチ、セミベンチシートにアレンジできる使いやすさは、おむつ替えなどの場面で不可欠だからである。

また、グレード限定とはいえ、HVモデルにアウトドアや災害時に大活躍してくれるAC100V/1500Wコンセントが付けられるのも、ノア&ヴォクシーだけだったのである。

新型ノア&ヴォクシーはアルヴェルに匹敵する快適性や安全性が欲しい

では、新型ノア&ヴォクシーになにを期待するか。言い換えれば、新型ステップワゴンや360度セーフティ&プロパイロットが自慢のセレナに対してどう勝負を挑むかだが、期待したいのはやはり走りの圧倒的な進化、電子パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能や渋滞追従機能付きACCを含む最新の先進運転支援機能=トヨタセーフティセンスの採用、コネクテッド機能の拡充などが欲しいところ。

また、子育て世代にも愛用されるわけだから乗り降りのしやすさの向上、車内の静かさ、クルマ酔い防止にも役立つ居住性&姿勢変化の少なさ、そして先代から継承されるであろうアルヴェルに迫るアピアランス、2列目席キャプテンシートの居心地の向上、ロングスライド機構の進化、そしてHVモデルのAC100V/1500WコンセントのHV車全グレード標準装備!!(アクアもそうなっている)、ディスプレーの大型化(レクサスNXの14インチとは言わないが、ディスプレーの大きさは先進感、新しさを大きくアピールする)などではないか。

言い方を変えれば、大人気のアルヴェルファン(ユーザー)がダウンサイジングを考えた時、これなら乗り換えたくなる!!乗り換えてもいい!!と思わせるノア&ヴォクシーということだ。期待以上の仕上がりに”期待”したい。

【筆者:青山 尚暉】

ホンダ/ステップワゴン
ホンダ ステップワゴンカタログを見る
新車価格:
299.9万円384.7万円
中古価格:
18万円411.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテル金波楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ステップワゴンの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ステップワゴンのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ステップワゴンの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ステップワゴンの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ステップワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる