【86内外装新旧比較】現行86オーナーが新型GR86を見て羨ましがるポイントとは!?

画像ギャラリーはこちら
やっと姿を現したトヨタ 新型GR86とスバル 新型BRZ。エンジンの大排気量化や先進安全装備の強化など、注目ポイントはあまたある。だが、一体どれほど進化したのか? 現在、初代86を所有する永田恵一氏がオーナー目線で新型モデルを徹底検証。果たして現行86オーナーが羨ましがるポイントはどこなのか? 初回は内外装デザインを斬る!
目次[開く][閉じる]
  1. コンセプトは初代モデルを継承! 最大の違いは排気量アップだ
  2. 初代モデルのサイズを継承! 絶妙なサイズの車幅は変更なし
  3. 新型のフタが羨ましい!? 新型GR86の注目ポイントは使い勝手にあった

コンセプトは初代モデルを継承! 最大の違いは排気量アップだ

GR86&BRZともに、NAの水平対向4気筒エンジンを搭載し、4人乗りのFRスポーツカーという点は現行モデルと同じ。

基本的にキープコンセプトだが、2台が目指した乗り味が異なるという。

GR86は「スポーツ性能に特化した、更なる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走り」。対する次期BRZは「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」とそれぞれの先代初期型以上に大きな違いがありそうである。

>>【比較】新型GR86とBRZは一体どこが違う!? その答えはコチラ

初代モデルのサイズを継承! 絶妙なサイズの車幅は変更なし

GR86、次期BRZともに先代モデルのイメージを残しながら、フロントマスクとリアビューを変更。サイドビューでは目を引くフロントフェンダーのエアアウトレットや大きく張り出したサイドシルスポイラーにより、機能性と新鮮さを同時に向上させているという印象だ。

なお、GR86とBRZの外見上の違いはフロントマスクのグリル、バンパー、ヘッドライトの内部といったあたりになる。

またボディサイズは全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm、ホイールベース2575mmと先代モデルと比べても大きな変更はない。

特にオーナー目線で見ると、街乗りなど普段から絶妙だと感じていた1775mmという全幅が新型でも変わらなかった点は非常に嬉しい。

>>86の魅力は車幅にあった!? その真相を写真でチェック

新型のフタが羨ましい!? 新型GR86の注目ポイントは使い勝手にあった

インテリアはダッシュボードの形状変更、表示の切り替えも可能な液晶メーターや新デザインのエアコンパネルなどにより、オーソドックスながら新鮮さを感じるデザインに。質感の向上も期待できるという上々の仕上がりだ。

細かい部分では、給油口のオープナーがなくなり、プッシュ式の給油口となった点が初代オーナー的には羨ましい点。

飲み物を入れることも可能なドアポケットは継続され、センターコンソールボックスは大幅に容量を拡大したフタ付のものになっている点が目に付く。初代モデルのセンターコンソールには脱着式のカップホルダーが設置されていたが、フタがついたことは大いに褒めるべきポイントである。

>>小柄なひとにはコレを! 誰でも使えるドライバー用のカップホルダーがコレ

初代の良さを継承! 新型GR86もサーキットを往復できる

リアシートも先代同様の広さが確保されているようなので、イザという時には十分実用的に使える。

加えて、リアシートを倒せば純正サイズのタイヤ4本が積めるというユーティリティも86&BRZのよき伝統として継承されているのも評価ポイントだ。

というのも初代86&BRZのコンセプトのひとつに「1台でサーキットを往復できる」という項目があった。これはスポーツ走行で使うタイヤ4本をラゲッジに積載し、現地でタイヤを交換→帰る際にはもとのタイヤに履き替えるというモノ。新型GR86とBRZもまた、初代のコンセプトを継承しているというワケだ。

開口部の位置に注目! 新旧86のラゲッジの違いを写真で確認>>

今回は初代86のオーナー目線で、内外装の変更点をじっくり検証してきた。昨今衝突安全性を確保するため車体が大きくなりがちであるが、車幅を初代モデルから変更しなかった点。さらには車内の使い勝手の向上など、素直に嬉しい&羨ましいポイントだらけであった。

明日2021年4月9日には新型GR86とBRZの走行性能にフォーカスして、進化ポイントと羨ましい変更点を見ていく予定。

【筆者:永田 恵一/とりまとめ:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/86
トヨタ 86カタログを見る
新車価格:
267.2万円506万円
中古価格:
105万円586.8万円
スバル/BRZ
スバル BRZカタログを見る
新車価格:
247.5万円365.8万円
中古価格:
120.2万円530万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ 86の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ 86のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ 86の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ 86の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ 86のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる